fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今日はメモリアルデーですね。
今日はメモリアルデーですね。
言うまでもないです。
062117.jpg
こういうターバンで髪の毛をアップにした髪型ってありますよね。
ちょっと昔のアメリカっぽいの。

みんなメロンパンは用意しましたか?
kamiのイメージカラーのピンクのメロンパンがあればなおよしですね。
twitterでもkoziさんやお兄ちゃんが昔の写真を出して盛り上がっています。
koziさんとkamiが温泉に入っててkamiはkoziさんより
肩幅が狭くてだいぶ骨格や肉のつき方が丸っこいね。
しかしkoziさん当時からタトゥーあるのによく温泉入れたね…。

お兄ちゃんはどこで漁って来たのかkamiの白黒写真を大量に持ち出し。
高校時代の写真なんかもあってkamiのいた高校は学ランの学校だったのかー。

当時のことはもういろいろ話つくしてしまったので今さら追記することも
ないですが…。
実際このことが僕の人生に最大のショックを与えてしまったことは事実です。
余りにもショックが多すぎてそれ以降のことは普通の人にとってはしぬほど大変なことでも
たっ君には『ほーん?』としか感じられないようになりました。


ところで最近よく『理念』という言葉を聞きますがこの言葉,たっ君よく分からないし
大嫌いな言葉ではないもののそんなに好きな言葉ではありません。
要するに企業のコンセプトみたいなもんですよね。
たっ君が10代の頃,会社の経営者を目指すコンセプトは
世界をハッピーにしたいだの
たくさんのありがとうをもらうだの
世界平和だの
そんなものではありません。



もしそんなものがあるとするならば
『ただただKamiを楽させてやりたい』
というのが最大の理念です。
その次が
『香港に別荘を買って休暇を過ごし老後はそこに住む』
でしたけど。
maliceが全盛期の頃からKamiは横浜アリーナが終わったあたりから疲れて来ていたみたいで
『仕事を続けるより専業…』
みたいなことをぽつりと言っていたので当時ガキだったたっ君がそのまま鵜呑みにしただけです。
科学者としての大学院進学をすっぱりあきらめ,経営に興味を持ちます。

KamiがいなくなってKamiに楽をさせてやると言う理念はある意味無効になってしまった
僕ですがその後の僕の理念と言うものがあるならば
『いい車に乗りたい』
『おもちゃや服が次々欲しい』
『いい女を抱きたい』
『やっぱり香港セレブになりたい』
『まーたんにいいかっこしたい』
みたいな非常にクズでカスな思考です。
でも実際僕はその思考だけで何年も経営者やっていますし会社は倒産していないので別に
そんな理念でも会社はどうでもなるのです。

そしたら僕と同じようなことを書いているコンサルタントの文章を見つけました。
理念なんてかっこつけるよりそいつの本音の欲望は何か?
最初の欲望があって動き始めて仕事が安定に乗ってくるとそこから
次に進めるのでそこで『俺はよのため人のため何ができるか』考えるようになれるんだ。
だからまずはいい車が欲しいとかもてたいとかそんな理由でもいいんだよ
って書いてました。

だから僕もまずは専業希望のKamiを楽させたかったと言うのがあります。

その反面たっ君はほっとくと丸一日飯を忘れたり冬に半袖のパジャマを着ていたり
めんどくさいのでいつまでも穴の開いたトランクスや靴下をはいていたりそう言う疎さがあります。
だからこそKamiのような家事が上手でそういうところがきちっと気が付く人が
ついていないととても危ういのです。
よく『夫は私のことをカーチャンだと思っている』と文句をぷりぷり言う人がいますが
確かにそう言う旦那は情けないと思います。
でも僕のように仕事の過集中いがいはなんにもできない気が付きにくいタイプの人は
やっぱりそういうカーチャンみたいに面倒を見てくれて尻に敷いてくれるような人が
いい場合もあります。
その代わり僕は必死に仕事に集中してどうにかお金を運んでくること,
それ以外は家のことには一切口を出さない。
だからこそ『家にお金さえ運んでくれればなんでもいいけど』と割り切って
家事をしてくれるような,だけど稼ぎが悪いと容赦なく尻を叩く
Kamiみたいな人がいいんですよ!
飯を食い忘れないようにちゃんと弁当を持たせていつまでもよれよれのパジャマや
穴の開いたトランクスや靴下だと強引に引っ張って脱がしてでも新しいのを着せないと。
普通の人には絶対に分からない感覚だろうけどたっ君はそういう人でないと
対処はしきれません。
スポンサーサイト




テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック