FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



意識低くて怠け者だけどいざというとき動けりゃいいのさ
聞いてくれ!
昨日仕事で大きい注文が取れた!
昨日はそれを祝してレストランでサーロインステーキ2皿とガーリックチキンステーキ2皿食った!
とくにサーロインがうまかったので勝利の肉の味は違うね。
商品もすべて週末には全て手配完了予定。
やっぱたっ君すげぇね。
ゴールデンウィーク中死にそうな顔してたのが嘘みたいだぜ。

やっぱり結果は付いてくるよ!


最近たっ君は自分の仕事についてもブログで話すようになったけど
最近ニュースで中学生男子のあこがれの職業に7位にCEO,経営者とあったので
当事者のたっ君としては場合によってはあまりおすすめもしない。

そういえばデイヴも若者に自分の仕事をお勧めしないところがあるよね。
『ミュージシャンになりたい?やめときな。まじめに勉強して大学へ行くんだよ!』
って言ってた。

この辺の心理ってたっ君と程度の差はあるけど似てると思う。
要するに当事者本人が他につぶしのきくタイプじゃないからそうやって生きるしかないってパターンね。

さらにたっ君の場合クズ過ぎて体力がなさ過ぎて普通の仕事がつとまらないので
消去法でこれやってるだけだから。
要するにそこそこ優秀で
協調性があり過ぎて
安定を求めて
計画性があり
くそまじめにコツコツ生きたい。
このどれかが1つでも当てはまるやつ。やめておけ。
優秀なのも協調性も安定を求めるのもそいつの長所だから。
そんな長所があるんなら他の仕事がイケるはず。

要するに
かなりの怠け者で
友達なんかいなくても平気で
計画性よりも自分勝手に動き
欲しい物のためなら少々危なっかしかろうが人から嫌われようが平気
リスク上等(長所ととらえるならいざとなったらはったりかましたり
悪あがきしたり暴れてでも乗り切るふてぶてしさ)
でどうしようもない本当にダメな奴こそ仕方なしに経営者やってんの。


要するに体力なくてすごい怠け者だけどいざとなった動けるハンタータイプ体質で
性格は悪あがきは得意です!みたいな奴が一番向いてる。

人望とか人脈?そんなもんいらん。
そもそも人の目を気にしなければ相手のことも気にならなくなるので
必要のない意地悪をする気も起らない。
意地悪さえしなけりゃ人脈なんて作らなくても必要に応じて仕事の付き合いはできる。
同時に意地悪をされてもそいつから距離を置けばいいだけ。
誰かスタッフを雇うにしても相性悪くてそいつが退職したら必要に応じてまた
別なやつを雇えばいいだけ。


まぁーとにかく世間で言う!ノマド!コミット!とかなんとか
わけわかんないキーワードを
並べる意識高い系である必要はないしむしろ意識低い方が
いいんじゃないのかって思う。
少なくともスタバでキーボードをッターン!って押すような人種じゃないってこと。
スタバなんて時間も金ももったいなくてたっ君は近寄れないしある事情から
スタバはときどき空爆したくなる気分のときがある。
そもそも腹も減ってないのに飲食店なんか近づかない。
おやつがほしければ前日にスーパーのお惣菜売り場で半額シール付いたのを買っとけばいい。
で,実際たっ君の仕事風景はこんな感じ。
052217_20170522131725fa9.gif
それが現実。
意識の低さでは誰にも負けない。
遊んでるのか働いてるのか分からん。
それでもどうにか倒産せずに続けているしやっていけるんだって
知ってるし実際俺の会社は倒産していないしそのきざしすらないぞ。
スポンサーサイト




テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック