FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



優しい人魚姫
最近いじめや悩みで自殺していく子供が増えている。
子供だけじゃなく,大人もだけど。

これは本当に悲しいことだ。

だけど,自殺してしまった人を打たれ弱いだとか,いじめられた方にも問題があった,なんて言うのは絶対に許せないと思う。

窮地に立たされた人間がとる行動は二つ。
自分を貶めた相手,あるいはよその人間を攻撃するか,
それすらできないで自分を攻撃するか。

それを克服しないといけない,という3つめの回答はここではきっとナンセンス。
なぜならば,追い詰められて自制心などきっと保っていられないから。

そう,選択肢は二つしかない。

攻撃的な人間は多分前者をとるし,気の弱い人間は後者を取る。

前者が自分をいじめた同級生や同僚をリンチしたり,あるいはかっとなって見ずしらずの人を通り魔的に攻撃するならば,後者は他人を攻撃することも恐ろしく,かといって自己の存在を維持することが著しく難しかったから自分の命を絶つ。自殺には至らなくても未遂に終わって心身に傷が残った場合でも同じだ。
僕はこれを人魚姫と同じだと思う。
彼女もまた,岐路に立たされていた。
王子様を殺すか,自分が消えるか。
結局彼女は自分が消える道を選ぶ。
彼女もまた,他人を攻撃することを恐れ,また,自らの命を維持することも困難だった。

彼女の追い詰められた心情は,いじめで自殺を考えた子供達の心情とよく似ている。
追い詰められた子供の選択肢は二つ。
いじめっこを攻撃するか,自分を傷つけるか。
人魚姫同様,どっちにしても救われない。

ならどうしようか。

王子様が自分を助けてくれたのは人魚姫だと気付いてあげれば良かった。
周りの人間が追い詰められた人に気付いてあげれば良かった。
だけど現実は本人が誰かを攻撃したり自殺してからやっと気付くもの。
あまりにもむなしいではないか。
ハッピーエンドの人魚姫のお話があってもいいのではないか。
スポンサーサイト




テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック