FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



時代によって法律は変わる
昨日の30分講習では違反や自動車運転のルールよりも
最近の法律改正で自転車に関する法律が厳しくなったことの説明がメインでした。
優良の講習だとペーパードライバーで普段は自転車に乗ってる人が多いからだと思いました。

自転車で信号無視や飛び出しや遮断機の下りた踏切に入ったりを点数で検挙して
一定の点数になったら3時間講習を受けなければ5万円以下の罰金になるそうです。
これは14歳以上だから高校生なんかが自転車乗りながらスマホやってて危ないことを
すれば適応になるわけですね。

じゃあ小さい子供なら大丈夫かっていうと小学生が自転車でお年寄りを跳ね飛ばして
死亡させたときは親に対して9000万円くらいの賠償がきたこともあるそうです。
だからなにかあったときのために自転車や子供の損害賠償は入っておきましょうねという
話だったのですが毎日自転車に乗るたっ君は気をつけようと思いました。

また、自転車の交通違反を厳しく検挙することで以前のような暴走自転車が
めちゃくちゃな乗り方をすることもなくなると思います。

あるいは長いリードで犬を連れていて通りすがりの人に犬が飛びついて相手が転倒して頭を打って
死なせた場合にも大きな賠償がきます。

これは大きな声では言えないのですが…と講習のおじさんが言ったのは
『自動車ならもともと強制的に自賠責に入っているし任意保険にも入ってると思う。
だから最悪の事故が起きても保険でどうにかできる。でも自転車や小さな子供やペットが
誰かに最悪の損害を与えた場合の保険は入っていない場合が多いので事故が起こった
ときの賠償は自動車の時よりも金額が恐ろしいことになる…』
とモゴモゴ言っていました。
これ以上しゃべると保険の話になるので大きな声では言えないけどと何度も言っていましたが
そういうことらしいです。

以前僕はブログで自転車のマナーが悪すぎるので迷惑している、
交通ルールの弱者保護の基本は大事だがあまりにも弱者側の常軌を逸した暴走行為や
監督不行き届きによる飛び出しなどの自動車側がどう考えてもどう見ても防げない場合は
は一部法律を改正するべきだと言っていたと思います。
だって自動車がどんなに慎重にルールを守って運転していても相手が防ぎようもない
暴走や無茶をしてきたり認知症の飛び出しなんかがあったとしても死なれてしまえば
こちらが犯罪者扱いです。ものには限度があると思いませんか?

それに関しては賛同の拍手ボタンがたくさんついて嬉しかったです。

そして弱者保護の大原則は変えられないのは僕も賛同ですがまずこの自転車の違反行為への
本格的な検挙が始まったことは歓迎すべきことだと僕は思いました。
ついでにこういったガジェットもできれば警察が規制してくれればと思います。
smpstnd.jpg


僕も自転車に毎日乗っているのでいろいろ反省すべきこともあり、
自動車でも自転車でも普通に歩いていても安全に努めなければなりません。

以前も話しましたがたっ君は自動車に乗るときはものすごく安全運転ですが
歩くときは結構走り回ったり危なっかしいところがあります。
国内外のトイザらスやその他巨大なおもちゃ屋さんに来ると興奮して走り出して
危なっかしいです。

数年前は初台のスクエニショップに大興奮で走りながら入ろうとした時お店の前を横切る
自転車にはねられそうになったのが1番の大事故です。
あの時の自転車の人には本当に申し訳ないきもちです。

頭では分かっていても目の前に目を引く物がたくさん並んでいるとぱーっと忘れて
しまうんですね。
でも自動車に乗るときはきちんと冷静に意識して行動ができるのですから歩く時も
きちんとがんばればたっ君だってマナーを守れるはず。

そういった自転車や犬の散歩のマナーの話を聞いて事故になった時に相手を死亡させたとか
賠償の金額の話を聞いて自分の普段の自転車や歩行のマナーについて色々考えなおす
きっかけにはなったのですから昨日の講習は無駄ではなかったと思います。

スポンサーサイト




テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック