fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君 30分講習を受ける
たっ君、今日の朝は警察に免許の30分講習に行っていました。
起きた時から具合が悪くて心配だったので薬とおーいお茶の入った水筒、それにぢゅん子さんのタッパーも
入れていたので結構多荷物になっていました。
多分数時間後にでかい貧血が来そうなパターンだったので。

体調不良の心配もありますがたっ君は無事30分大人しく座っていることができるでしょうか?
実はたっ君は発達障害の中でもそれほど重くないように見えますがその中で1番問題なのが
たっ君のソワソワ病です。
じっと座って話を聞いたりメモをとることはできません。
ソワソワしてはいけないきょろきょろしてはいけないと頭では分かっていても体が
我慢できません。これは同じ障害を持つ人なら分かると思います。
初めて免許を取って2時間講習は本当につらかったです。

どうせ30分、でも30分。
早めに来て最後尾の席を確保。
しかし見事に30分講習はお年寄りばかり。若い人はたっ君ともう1人の
男子大学生だけでした。
そんなにゴールド免許って珍しいの?
みんなもらった雑誌を読んでいましたがたっ君は字を読むのが嫌いなので
椅子の下に放り投げました。
みんなそんなもらった本を静かに読むような
真面目な人達だからゴールド免許なんだろうなということなんでしょうね。
いかにもソワソワしてどう見てもチャラついたやつはたっ君しかいませんでした。

あーぁ、こんな本いらもねぇから更新料まけてくれねーかな。


携帯もバービーも握れない30分。
とりあえずすぐに水筒を手に取れるように置いてました。
さっきほうり捨てた本が必要みたいで言われたページを開いていましたが字を読むのが苦手なので
ちんぷんかんぷんなので熱心に読んでいるふりをしました。
最後に5分くらいの短いDVDを見ました。
トラウマレベルの映像を見せられると聞いていたので覚悟していきました。
(そのためにぢゅん子さんについてきてもらった)
内容は交通事故の遺族のインタビューと後半は免許の更新や車検についてでした。
『娘の顔がつぶされて…』
とか言うインタビューの方が衝撃的な事故の動画を見せられるよりたっ君には
よっぽどこたえるんですよね。


まぁどうにか講習自体は耐えられました。最後の方は持っていた印鑑を自分の鼻に詰めて隣に座っている
おじいさんの肩をポンポンしたくてしょうがなかったのですが、耐えました。
本当なんです。持っていた印鑑を鼻のすぐ下までもってきてましたから。
この感覚、多分定型発達の人には分からないと思います。
常に動いていなければ常にしゃべっていなければ常にふざけていなければ
たっ君は気分が悪くなってしまいます。
つまりたっ君はまじめにふざけていないといけません。
我慢がつらかったです。
講習が済んだ後にすぐ出ていこうとしたのに警察の人に
『順番に呼んで免許証渡すから待っててね』
と止められてしまいました。
喘息に関しては後半やっぱり咳が結構出ましたがナントカ耐えました。
かんじんの貧血の方はとくに何も起こらずそのままです。

僕、えらかったよねぇ?

今はぐったり疲れています。

ただじっと座って話を聞くだけのことが普通の仕事よりもずっと辛いのが
たっ君です。

新しい免許の写真はびっくりするくらい驚きの白さでした。
でも間ぁこれでまた5年来なくて済みます。
hs211.jpg
スポンサーサイト




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック