FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



人形連れに優しくない日本
たっ君はカオルコ(薫子)、ぢゅん子(順子)姉妹のどちらかを持ち歩くようになって精神が
だいぶ安定していると思う。
14874054090.jpeg

14874054370.jpeg

最近持ち歩きはぢゅん子さんが多いのはカオルコさんはメイクが細かすぎて持ち歩きには
適さないと気が付いた。
あと、顔立ちはカオルコさんの方が好みだけど肌の色は断然ぢゅん子さんの方が僕好みと言うのもある。
多分マテルの現行販売の通常のバービーで1番濃い色だと思う。
ここまで肌の濃い黒人バービーは現実のアメリカ人にはそんなにいないので
最近はなかなかリリースされない。

まぁそんなわけでたっ君は毎日ぢゅん子さんを連れて出勤し、
外にいるときはダイソーのタッパーに入れてバッグにしまっている。
本当はずっと握っていたいのだがさすがに無理だ。
移動中は無理でもバービーやSDを連れた人が気軽に食事できるレストランが日本にあればいいのに。
実際タイにはドール連れ歓迎のレストランがあるし、アメリカはドール連れ専用のレストランもある。
アメリカはアメリカンガール、タイはルクテープ。
それらの人形を連れたお客さんを相手にしたサービスだ。
もともとアメリカもタイも人形に対して寛容な国の気がする。

実際たっ君がバンコクでジェニーを抱っこしていたら毎回行く先々でいろんな人に声をかけられて
簡単な英語でコミュニケーションを取ったりもした。
レストランに入ればたっ君の連れている人形の分まで席を用意してくれる店もある。

そんなこともあっておふくろは僕とでかけるとき日本国内で人形を持ち歩くのは怒るが、
海外、とくにタイ国内だと何も言わなくなる。
知り合いに会わないので恥かしい思いをしなくて済むし、人形を連れているたっ君が
タイの人達にそれなりに受け入れられ、歓迎されているからだと思う。


そんな文化だからアメリカの場合はあくまで子供が中心だが
タイの場合ルクテープ人形を連れた人がレストランやショッピング施設に堂々と入ってきたり
店側もそれらを歓迎する対応ができるのだ。
するとタイのLCCがルクテープの座席と機内サービスも付ける座席プランを出すという企画があった時、
別に僕はおかしいとは思わなかった。
むしろたっ君もそのサービスを利用したいと思う。
たっ君の大事なSDやバービーに人間と同等のサービスをしてくれるのなら嬉しいと思う。

もちろんそれが人形と普段関わりのない人間から見たら奇異なことももちろん理解している。
だからタイで航空当局が離着陸時は人形は人間ではないのだからきちんと収納するように
という異例の警告を出したのもしかたなかったかなと思う。
ちなみにたっ君はタイ国際航空に乗るときジェニーを膝の上に載せてその上からシートベルトを付けたことが
何回もあるが今まで一度も乗務員から何も言われなかった。



でも僕は自分の大事な人形を連れて買い物をしたりレストランで食事をしたい気持ちはすごく分かる。
人形にも料理を出してもらえる店があったら嬉しい。
SD達を連れてぜひ食べに行くよ。

日本にもスーパードルフィーと言う素晴らしい文化がありながらどうしてタイやアメリカのように
堂々と人形を連れて歩けないのかが悲しい。
人の目を気にするという文化だからだろうが往来は無理でもお店の中だけでとか
レストランの中だけでとかでもいいので自由に人形と買い物や食事を楽しめる場所がないのはなぜなのか。
正直、不便だし、悲しい。

スポンサーサイト




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック