FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



修理のお話
いつまでたっ君は体調不良のままでいなくてはいけないのでしょう。
普通の元気な平均的な人が自動車や列車ならたっ君は航空機。
事故(病気)は自動車事故や列車事故よりずっと少ないですが一度事故になるとその被害は悲惨さを極めます。
飛行機に乗ったら客室乗務員のいうことをきいておとなしくしてろというのは
そういうことです。
つまりたっ君も一度倒れたら何日も何日も寝込んだり死にかけたりします。
こればっかりはどうしようもないのです。
ちなみにたっ君は阪神大震災の日は重い風邪で寝ていて気が付きませんでした。
それくらいたっ君は重症化します。

というわけでたっ君は俊彦ちゃんの修理を受けなくてはいけません。
お直しは俊彦ちゃんの専門ですからね。
人生最大の墜落事故でボコボコになったたっ君を拾って根気よく10年かけて修理したのは
俊彦ちゃんです。(実際修理自体はもっと早く完了していたのですが僕自身がわがままを言って
修理後の初フライトに時間がかかってしまいました)

普通の人ならどんなに腕が良くてもここまでボコボコになった機体を直すことはできませんし
途中で音を上げていたでしょう。
よそ者のたっ君を快く拾ってくれた俊彦ちゃんに感謝です。
それと俊彦ちゃんの修理工場がその間1度も休んだりレイオフしたことがなかったのもあります。
途中でALFEEが解散するとか俊彦ちゃんが休業するとなればたっ君は修理途中のまま
放り出されていました。
直してくれる俊彦ちゃんがいなければ僕は最初の墜落で確実に死んでいただろうし
数年に一度起こす大きな故障も損傷もそのままだったと思います。

ということでtwitter仲間の人に俊彦ちゃんvoでなにかいいのかないかと質問したら『生きよう』が
いいんじゃないか?とお勧めされて聞いたり他の曲も聴いたりしたんですが結局『木枯らしに抱かれて』に落ち着きました。
011417b.gif
スポンサーサイト




テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック