FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君ウルトラマンオーブで感動しまくる
今日でウルトラマンオーブ最終回だった。
めっちゃすごかった。感動した。
やっぱりたっ君が見たいもの楽しいと思うものってこういうものだと思う。
爆風からナオミを守ったのがジャグラーだったのはびっくりして画面の前で声をあげた。
そしてロシアで爆発からナオミの御先祖様を助けたのもジャグラーだった。

ただ、僕はナオミの御先祖は実は生存してるんじゃないかと最初から気が付いていた。
だってナオミ母がひいおばあちゃんがーって話が出た時に『それってもしかしてあのときのロシア人?』
って気が付いてきっと事故の後あのロシア人のナターシャは理由は分からないけど
日本に永住したんだ。で、何代か後にナオミが生まれたと。
やっぱり僕の推理が当たってた。ただ誰がどうやってナターシャを助けたかは僕にも分からなくて
まさかあの場所にジャグラーがいて救出しているとは知らなかった。


転んだオーブに手を貸してくれるジャグラーマジかっけぇ!

1番好きなシーンはオーブがジャグラーを『馬鹿野郎!』と言わんばかりにぶん殴って
いきなり抱きしめて『ありがとう』と言ったこと。
このシーン最高に好きだし、感動したし、ぶん殴ってから抱きしめるまでがあまりの一瞬でびっくりした。

いいよ!いいよ!オーブもジャグラーも!

最高の最終回だった!
おいしいところは全部渋川さん天使が持って行っちゃったけど。
ただやっぱりこういうときの表情はしんごちゃん最高だわ。ずば抜けたプロ感。

…これほとんど主役ウルトラマンよりジャグラーよね?
しかも本当にネタバレになるけどしっかり生存してたし。
もしかしたらオーブもジャグラーに当たらないように光線撃ったのかもしれない。
だってジャグラーが『俺ごとうて!』って言ったときにオーブの決断すごく速かったもん。
どうにかジャグラーから外れる方法を考えてやったんじゃないかな。


というかこれ続編見たい!早くみたい!今すぐに!
続きは映画で!つまり入場券払って見てね!だってさ。
んもぅ、円谷さんのいじわる!
ちゃんとお金を払ってDVDレンタルで見るからね!

むさくるしいバトルに分かりやすいストーリー、そして輪をかけたようにむさくるしい男の友情!
登場人物は少なめでムカつくやつや意地悪なやつが少ない!
たっ君が見たいコンテンツってこういうものに限られるんだよね。

たっ君にとって感動するとはこういうこと。
決してかわいそうな話をえんえんと見たりするものではない。
熱い展開に興奮して歓声を上げるのがたっ君の感動と呼べる奴だ。

登場してから本当にずっと魅力的なキャラだったよ。オーブもジャグラーも。
sspの人達も。
いつも書いてるけど登場人物にムカつくやつが1人もいないってたっ君がアニメやゲーム
に対して1番大事な条件なのよ。
RPGでも1人でもクソウザい奴がいると絶対テンション下がるもん。

ウルトラマンオーブはまちがいなくメビウスの故郷のない男を除くすべての平成ウルトラマンの中で
最高のシリーズとなりました。

これでたっ君の見るテレビ番組が全て終わってしまう?
そうですね、トランスフォーマーアドベンチャーもしばらくお休みですしMrビーンも…。
でも1月7日からウルトラマンゼロの新シリーズがスタートしますよ。

おん楽しみに!
1224161.jpg

スポンサーサイト




テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック