FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



意識低い若者でも負けない方法がある
KayaちゃんとDが年末ピューロランドでやるliveがイベンターの都合で中止になったらしい。
僕の周りにもチケットを買っていた人はいてその人は払い戻されたお金でKayaちゃんの
代替え公演のチケットを買ったらしい。
どっちにしてもKayaちゃんには会えるのだからそれでいいけど、この件に関しては
他の人も色々調べていたみたいでイベンターが非常に新しい会社でいろいろと準備や
セッティングに手間取って結局何もできなくなったらしい。
これに関しては数年前のまーたんの呼ばれた鳥取の音楽祭もそうだった。
どうして会社は自分で自分のことに責任を持てないんだろう。

僕は自分の会社があってクソしょぼくてあまりにもかわいそうだから税務署の人が
書類を手伝いに来るくらいクソしょぼい会社だけど自分が企画して作り出したタスク
を放り出して周りの人に迷惑をかけていることなんてできない。
というかはじめからできない仕事は持ち込まないのだが。

どうもこの手の急成長する若い会社はノリだけでこういう何でも抱え込んで自滅するか、
意識高い系の起業家で事業内容がよく分からない上に普段なにをしてどうやって
お客様の役に立っているかというのがはっきりしないことが多い。

そういえば数年前もおせち料理を安請け合いしてめちゃくちゃなおせちを作って
大騒ぎになった飲食店があった。

たっ君も確かにノリだけで生きてきたところもあるだろう。いや、ノリというよりいきおいだけで
仕事をやってきた面がある。
それでも継続を考える以上自滅するようなことな無茶な案件は手を付けないし
だからこそ僕は意識低い系でいいのである。
いわゆる若手起業家の意識高い死角をいくつも持った優秀な方々と同じでなくていい。
メーカーやお客さんとの連絡手段はほぼ電話とFAXのみで、
営業中でもたっ君は疲れないようにレジ近くのベッドに横になっていることが多い、
資格の勉強などしたことはなく、横文字にはとことんうとい。
最低なことに人生最悪の介護時代はストレスがたまると
仕事中にリキュールを飲みながら店番をしていたことがある。
頭の中は仕事以外はゲームと泳ぎに行くことと釣りのことばっかり。
自分を高める勉強とかセミナーとか自己啓発とかそんなものお断りだ。
たっ君は浪人も留年もせずに学校を卒業したんだからそれでいいじゃないか。
朝は9時45分過ぎまでダラダラ寝ている。(仕事は10時開店)
たまに回覧板だの自治会費だので9時過ぎに起こされるとすこぶる体がだるい。
新鮮な野菜や果物なんかよりおやつは『俺の塩』か『サッポロ一番塩』でいい。
それかからあげクンを買いに行く。
体を締め付けるのが嫌いなので長ズボンもボタンのついたシャツも着ないし
背面がシャーリングになった柔らかい生地の服を着るのが好きだ。
スタバなんか高くて近寄れないしたっ君のような意識低い人はどうしても近付けない。
本当に意識が低いのだ。

それでも言えるのは世間では僕の業種は何をやっているかはっきりしている。
ちゃんと決まった店を何年も続けていて、365日ほぼお客さんは僕の店を訪れることができ、
電話番号も携帯電話ではなくきちんとした特徴のあるお客さんが覚えやすい電話番号も持っている。
別にお客さんでなくても僕の店のことを知っていてそこに店があるということは
お客さんの信頼を得るためには大事なのだ。
お客さんはいつも僕の店がそこにあって僕が絶対にトンズラしないことも知っている。
意識は低くてもそれが僕なりのお客さんの信頼を得るためのやり方だ。
まずは自分のお店を認知してもらえるということが大事でそれらのツールを
誰にも迷惑をかけずにやらなくてはいけない。
それも意識低いので無理しない程度に。



どうも若い経営者=意識高そうなテンプレみたいな人
というイメージがあるが僕みたいな意識低くても低いなりに頑張っている
ゆるーい若者もいるよってことで。
そしてそういう意識低い系の人は仕事でノリだけで安請け合いをして無茶をすることも
ないしそこまで意識高くないので迷惑かけないのでよろしくねって言いたい。
1211165.gif
スポンサーサイト




テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック