FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



どんな風に見えたのかな
昨日喘息の薬をもらいに薬剤師のいる大きいドラッグストアに
行ったら薬カウンターにいたアサガヤ姉妹みたいな見た目でピンクのハイネックの白衣を着た
(ピンクなのに『白衣』って変)薬剤師のおばちゃんが
大丈夫ですかしんどいですかつらくないですかとめちゃくちゃ声かけてきた。
そんなに俺具合悪そうだったんだろうか。
ここの店は初めて行くけど
なんでこんなに心配そうに声かけてくるんだろう。

最近たっ君はよく薬剤師の人に声をかけられる。
日本人にしてはかなり大柄で服も変だし歩き方も独特で(たっ君は知らない場所に来ると
なんでもかんでも珍しい物を見ようときょろきょろしたりして足元が
おぼつかなくなってMr.ビーンみたいな歩き方しかできない)見た目が目立つからだろう。

本当に心配して声かけてくれるのか
こいつは変な薬でラリってるように見えるからと警戒しているのか
どっちかは分からない。
でもたっ君にはちゃんとした喘息用の錠剤が必要だし、
少なくともたっ君はラリっているのではない。

無事喘息の薬をもらって帰ってきた。
これでまたたっ君は生きられる。

たっ君は薬に頼りたくない。頼りたくない。死ぬまで一生薬漬けになるのが怖い。
僕は病人じゃないんだ。
でも薬を飲めば咳も少なくなるし(完全になくなるわけではない)
ひどい咳によるパニックや発作もなくなる。
だから飲まないといけない。
たっ君がまだ家族と住んでいた頃貧血の薬を飲み忘れるたびに
叱られた。
出かけるときにおふくろが一緒に遊びに行くみすたさんにまで
たっ君が薬をさぼらないか監視してほしいと言っていたくらいだ。
僕は貧血で病院に引っ張られるたびに『俺は病気じゃない!』とパニックで泣きわめき、
そのパニックで過呼吸で喘息の発作を引き起こすのしょっちゅうで、
病気じゃないから薬はいらない!と飲まなかったりした。

一体自分は病気なのか何なのかやっぱり病人なのか僕はよく分からない。
でも自分のことを病人だと思いたくない。

DSC_1212.jpg



スポンサーサイト




テーマ:気管支喘息 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック