fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お前は何を言ってるんだ
こないだ珍しく本屋に行ったらケラのすぐ横に
『大人になったアリスは何を着るの?』
というタイトルの付いた雑誌があったので読んでみたら『エテルニタ』という
雑誌で大人のロリィタさん対象のコーデやブランドの紹介があった。
が、これはロリータブランドじゃないだろうという全然関係ないブランド
だし大体こんな地味な服を本物の大人のロリータが着るわけがないじゃない。

そもそも大人ロリィタを雑誌側、ようするに情報を提供する側は勘違いしている。
この雑誌に載っている服は大人っぽいロリータコーデであって
現役の大人と呼べる年齢のロリータさん向けではないと言ってやる。

なんでかというとたっ君くらいの年齢のそれなりにいい歳こいたロリータさんは
ブームいかんにかかわらず長年ロリータとして生きているので
要するに『ガチもん』なのである。
ガチもんゆえにじぶんがたとえ大人年齢だったとしても
大人っぽい服を着たくないからわざわざロリータ服を選んでいるのであり、
ガチもんのロリータが今さらこんな地味なデザインのくすんだ色の服を
お金出して買うわけがない。

あと、ガチもんはたっ君も含めてブームがどうとか周りの意見とか
社会性を考えて服を買っているわけではないので
雑誌がどんなにブームの流れを作ろうとそんなことは聞いちゃいないのである。

だから強引に地味なコーデや地味な色の服を並べて
『大人ロリィタ』はこういうコーデを!なんて言おうものなら
たっ君も含めてガチもんの大人ロリィタは
『何言ってんだこいつ』
と思うだろうしむしろ
『ほーん?年食ったらこんな地味な色の服着なきゃだめだっていうのかよ?
俺らのことナメてんの?』
と怒りだす人もいるかもしれない。
実際雑誌側の大人ロリィタの提唱に怒っている大人のガチもんロリィタはたくさんいる。
102516.gif

本当に大人ロリィタの皆さんに手に取ってもらう雑誌を作ろうと思ったら
むしろ通常のロリータ雑誌よりもコッテコテでド派手で
ひたすら可愛い王道的なのをばんばん紹介していくしかないだろ。

あと、最近はロリィタとガーリーをいっしょくたにしている傾向があるので
これは世間の流れがそうなって来ているのでたっ君はしょうがないことと、あきらめつつ
嫌だなーと思っている面もある。
なんでかというとたっ君は女の子ではないし女の子になんて絶対になりたくないからだ。
あくまでたっ君は装飾過剰のロリィタであり、少年ではあるが少女ではない。
たっ君はこんな服だが近所の人もお客さんも取引先も誰もたっ君を女の子扱いしないし
オカマだと思っていない。
お客さんに至ってはたっ君の服に好意的な人が多いのはありがたい。

ロリィタはああ見えて性別を感じさせない服という意味では男女どちらの性別が
着ても十分なのだ。
体のラインが分かりにくくなっていて、男も着られるようにゆったりと作ってあり、
靴のサイズもメンズサイズのがある。
また、ウィッグをつけるのが珍しくないのでウィッグを付けることで
普段73のサラリーマンでもウィッグで頭髪をごまかせる。
靴下もストッキングやタイツだけでなくて素足に靴下で許されるというのもありがたい。

でもガーリーは違う。
ガーリーはあくまで少女つまり女性だけのためのものであり、男性には入っていけない
世界なのだ。服のサイズ展開しかり、デザインやつくりしかり、
女性らしいシルエットのものが多い。
デザインも何もかも女、女、しすぎるのだ。
間違っても女性に見られるのは死んでもお断りのたっ君には
絶対に近付けないブランドなのだ。

だからこれを混同されると本当に困るのだ。
たとえばロリータブランドのジャンパスカートにガーリーブランドのシャツを合わせるとか
それは別にかまわないし素敵なコーデだったりする。
でも、全身ガーリーブランドでリボンカチューシャを付けて
『私はロリィタです』
とアピールされた日にゃたっ君は
『何言ってんだこいつ。そんな女っぽいロリータがいるかよ』
と口には出さないけど口の中でモゴモゴ思ってるはずだ。


世間の流れでは仕方がないのかもしれないけど
ものすごくたっ君の個人的意見は
ロリィタとガーリーは住み分けしてほしい。区別してほしい。
スポンサーサイト




テーマ:ファッション・コーディネート - ジャンル:ファッション・ブランド


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック