FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



水筒の必要性
たっ君は外に出るときは必ず水筒を持っていきます。
たっ君がいつも持ってるのはこれ。レオとアストラがついてるから。もう何年も同じの使ってます。
livingut_4970825079351.jpg

いつも旅行に出るときは肩から提げているのでたっ君の姿を
見たことがある人はあああれかと思いだしてくれると思います。中身は600mlくらい入ります。
片手で開けて飲める便利なプラスチックの軽いやつです。
コップだと両手使わないといけないしたっ君だとこぼしちゃう。
ステンレスだと持ち物をふりまわす習性のあるたっ君にはあまりにも危険。

これがあればカフェに行ったり余計なドリンクを買わなくてすみます。
中身は自分でちゃんとスーパーで買いますが空港の無料ラウンジやホテルのバイキングで補充
できたら嬉しいです。
手荷物検査場には空の水筒でないと通れないのがつらいです。

そもそもたっ君はなぜいつも外に出る以上、手ぶらの時も肩から水筒をさげるのか。
おふくろと旅行に行くと
「みっともないからやめろ」
と言われますがみっともなくても僕は水筒が必要なのです。



僕はあらゆる状態において『飲み物がなくなる』というのを子供の頃から
すごく恐れているのです。
あらやるトラウマには何らかのきっかけがあります。
そこで思い出すのは、小学4年生の1泊2日の自然学校にあります。
そのとき、自然学校で各クラスごと男女ごとに部屋が分かれていて廊下に部屋ごとに
お茶の入った金属製のお茶タンクがありました。
で、真夏だったしみんなお茶が欲しいですよね?
それなのに僕らの隣はもう1つの別の小学校のクラスの部屋だったんですが、
そいつらが自分たちのお茶のタンクを全部飲んでしまって
故意かどうかは知らないですが僕らのお茶タンクの中身を勝手にほとんど飲んでしまったのです。
さすがに頭にきて文句を言おうとしましたがなぜか担任のババア教師に注意されて
僕らは残ったわずかなお茶を水筒のコップ数mmずつくらいしか飲むこともできなかったのです。
ババア教師に怒られるしお茶は飲めなくて具合悪くなっちゃうし
ババア教師に注意された腹いせで
たっ君を含め『一部の』血の気の多い子、といっても3人くらいですが『こうなったら俺達のお茶を飲んだ○○小の
奴らを襲撃しようぜ!』とまで話が出てました。
その後晩飯の時しかお茶を飲めず、夜は水分なしでただでさえストレスマッハで不眠の
たっ君は口がからからで地獄のような夜を明かしました。真夏です。真夏ですよ!
そのせいで外へ出かけたら肌身離さず水筒を持つくせがついてしまったのです。


○○小のやつも悪いですがその後お茶を補充してくれなかった施設も、
僕らは何もしていないのに怒ったババア教師も悪いと思います。
とんだトラウマになりました。

たっ君にはいつでもお茶が飲める環境が必要なのです。

それでも最近は本当に暑くて1日たたずに600mlの水筒が空になる日が増えました。
それでもどケチなのでなかなか高い飲み物類は買わないたっ君。
買い物に行ったときに同じ施設のフードコートが通り道なので、冷水機の水を紙コップで飲んで
たりします。
8月に入ってからはずっとそこでお水飲んでます。
施設内に1本29円のコーラを売ってるスーパーがありますがそれにすらお金を出すのももったいない!
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック