FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君医療用大麻について言及する
施設にやつはかむらのように乱入して障害者の人達を大量殺人した奴の体から
大量の大麻が検出されたその日にある末期がんの患者さんがなくなった。
この人は自分のガンの痛みをとるために自分で大麻を栽培して使っていたので
逮捕され、裁判中だった。当然逮捕後は大麻を使っていないのでみるみるうちに
体が弱り、亡くなってしまった。
やつはかむら事件(事件の名前を覚えきれないので以後やつはかむらと書く)
の大麻発覚と亡くなった日のタイミングがあまりにも悪く、
僕はこの大麻についてとても悩ましいものを感じてしまった。
もしかしたらこの患者さんの余命が伸びていたのは大麻の成分そのものよりプラシーボだったのかもしれない。
それでもこの患者さんは自分で作った大麻を使うことにより、余命がかなり伸びていたのだ。
かといって大麻吸引者による
やつはかむら事件が起きてしまった以上違法薬物を日本で合法化するわけにはいかない。
他人ごと、といえばそれまでだが僕はこの2つのニュースを見比べて本当に、本当に、
悩んでしまった。頭を抱えてしまった。

僕はどうしてもこの大麻を作っていた末期がんの患者さんをせめることができないし
こんな大麻ごときで生き延びるならすきなだけ摂取させてやってくれ、と正直思ってしまった。
僕はこの患者さんを責めるような人は身内にガン患者がいない、いても介護は
他の人に押し付けているかその他の重病人の介護をしたこともない幸運な人達だと思う。

僕はついこの間、ネットでこんな話を聞いた。
『こないだ駐車場から営業マンらしき人が出てきてその人がいた場所に行ったら
せきどめのブロン錠の瓶が2つ置いてあった。あの人はあれを飲んで無理やり自分の
性格を明るくしてやる気を出しているのだろう』
僕は今でもこの話が忘れられない。
どうしても忘れることができない。
今の苦しい我慢強い日本の縮図だからだ。


咳止めブロン錠の効果については中島らもの『アマニタ・パンセリナ』という本に詳しく書いてあるが
要するにこれを飲むと本来のせきどめではなくて気分が愉快になったり不安が
とれたりするのだ。
この営業マンは過労で追い詰められ、死にそうになりながらも必死に薬でごまかして
働くのだろう。
一部の幸運な人達から叩かれるの覚悟で僕が思うのは不安が強くなったり苦しくなって
自殺するくらいならもういっそそのブロンとやらを摂取すればいいと思う。
死ぬよりずっとましだと思う。死ぬくらいなら飲みなさい。
僕だってローンと介護に苦しんでもう24時間生き地獄を経験している。
いや、地獄の閻魔さまだってここまで厳しくないだろうというくらいつらかった。
だから僕だっていつ薬中毒、そうなっていたかわからない。
実際たっ君だってそのせいで薬は飲まなかったが毎日レッドブルを飯の代わりに飲むという
習慣がついてしまった。
実際これを飲まなければ体温が上がらないし体が動かない。
そして本当につらくて頭がおかしくて
一時期、1週間くらい仕事中に酒を買って飲んでしまうということもあった。
仕事場の事務机の引き出しにチューハイや缶ビールを隠し持っていてお客さんのいないときに
コソコソ飲んでいた。
介護がなくなってアルコールの習慣はなくなったがそれでもレッドブルを飯代わりにするのは
残ってしまった。
だからこそ言える。そのつらさ。苦しさ。


そこで僕は思うのだ。やつはかむら事件の犯人のようやつに嗜好品として大麻を渡さず、
なおかつこのような末期がんの患者さんを救うには大麻を政府や医療機関が管理して
必要な患者さんにたいしてきちんと必要な分量を処方するしかないと思う。
その代わり嗜好品として大麻を使用することは厳罰化する。そうするしかないと
思う。
さっきの咳止め営業マンも末期がんの患者さんもこの国の人達は我慢強すぎるよ。
そして自分がその立場にない場合、困っている立場の人のことを思考停止して
叩いて楽しむのはやめようよ。
もっと自分の心と相手の心を守ろうよ。苦しいのは嫌だよ。
medical_marijuana.jpg
スポンサーサイト




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック