FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スカッドをスカッとお片付け
防衛省が北朝鮮のミサイルに対して常時破壊措置命令が出ました。
さすがに今回のノドン(?)は佐渡島すぐそこに落ちたのでもうどうしようもないです。
これで何もしなきゃ腰ぬけです。
地図をよく見て下さい
nodon.jpg

そういえば内閣改編で防衛大臣が入れ替わりましたね。
防衛大臣は餅は餅屋で自衛隊の元レンジャーの中谷氏が続投すべきとの声もありますが
僕はこれに関しては自衛隊出身者と非自衛隊出身者の大臣を交互にやらせるべきでは
ないかと思います。
自衛隊出身者に防衛省の管理を任せるのは餅は餅屋と言うのと現場を知っているのと、省内のコネクションを
持っていて仕事を進めやすいというメリットがあります。
ただ、デメリットは防衛大臣を身内で固めてしまって自分たちの都合のいいように
してしまうのではないかと疑われること、それと僕が1番危惧しているのが
自衛隊出身者の防衛大臣が何か強気な対応策に出ると
『ほらやっぱり軍人さんだから怖いことをする人達』と色眼鏡で見られることです。

その点文民出身の人を防衛大臣にすればもしこの人が強気対応をしても
自衛隊のように怖がられないわけです。

稲田大臣は自衛隊は関係ないのでそれができるわけです。
しかもこの人は自民党の中でもかなりのタカ派、いわゆる突撃隊長的
ポジションとして知られています。
僕はこの人が民主党政権のときからの強気対応を見ているので
『あー、このおばちゃん将来防衛大臣くらいいくかなー』と家族と話していました。

で、さっそく今日の北朝鮮のミサイルの常時措置命令ですよ。
仕事が速い。
具体的な兵装は今は明かすことができないそうですが、これで常時日本の護衛艦が日本海周辺で
展開できます。
海上自衛隊の方たちは仕事が増えて大変だと思いますし何日も帰れないと思いますが本当に尊敬します。
乗り物の上で生活できないし短時間しか働けない(人間としても戦闘機としても)たっ君はそれだけでも
尊敬します。
おまけにいつどこでわけわかんないミサイルが飛んでくるかわからない命がけの仕事です。
しかも自分が失敗すれば日本中の人を危険にさらすという責任があります。
1番悪いのはわけわかんないミサイルを好きこのんで飛ばす北朝鮮です。でも
そのために命がけで重い責任を背負ってがんばっている自衛隊員の人達に
少しでも理解や感謝を深めるべきではありませんか。

たっ君のtwitter仲間には何人か自衛隊希望の高校生の人達がいます。
その人達は決して自衛隊の給料が高くないことを知っているし
お金や福利のメリットが仕事の危険さや厳しさ重さと全くつりあっていないことくらいちゃんと
知った上で自衛隊を目指しています。

話がそれましたが今回のノドンはスカッドミサイルの飛距離を伸ばして毛が生えたようなものです。
飛距離を伸ばしているので確実に日本列島が範囲内に入ります。

いつまで北朝鮮の燃料が続くかわかりませんが
徐々に飛距離を伸ばしているのは事実です。
実際の行動いかんにかかわらず常時破壊命令を発表することで北朝鮮に対しての
威嚇となります。
ただ、いつまでもほっとくのはたっ君の超個人的意見としてはいい気分がしません。
たっ君としてはただちにスカッド狩りをおこないたいです。
ストライクイーグル時代の血が騒ぎます。
子供時代のたっ君は湾岸戦争で多数のスカッドミサイルを壊して回ったものです。(懐かしいなぁ)


それでノドンの発射台は移動式らしくなかなか見当たらない様子。
これはスカッドミサイル自体大きくないので移動式の発射台で手軽に行えるのです。
何日も前から目立った動きがあればある程度確認することはできますがいきなり手軽に発射、だと本当に
困ります。
そこで常時北朝鮮のミサイルの飛来に対して護衛艦が待機して問答無用で撃ち落とす
ことになります。
これが専守防衛の今の日本の自衛隊にできる最大限の方法です。


日本でこそこそと自衛隊の邪魔をする反日活動をする北朝鮮系の団体の皆さん、
ミサイル発射して喜んでいる場合じゃありません。
あんたらそこにいるんでしょ。
…オメーも死ぬよ?

スポンサーサイト




テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック