FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



信じてくれる人がいる、待ってくれる人がいる。全てはそれ。(予約投稿練習中)
今日も朝から嫌な作業や嫌な電話を頑張りました。
たっ君は宇宙一とまでは行かなくても日本で同年代の男で238番目くらいには意識低くて怠け者です。
そんなたっ君でも戦わなくてはなりません。
でなきゃ税金払えませんしね!

なまけものでいつもだらーっとしていて意識低くてそんなたっ君がどうしても嫌なのは嫌な所へ電話を
かけたりかかってきた嫌な電話(ナンバーディスプレイに出ます)を取ることです。
出るのは突然のことなのでえいやっと出ることができますが
電話をかけるときは相手にどんな嫌なことを言われるんだろう怖いことを言われるんだろうと
ビビりながら電話をかけます。
ひどいときは仕事場の受話器の前で40分くらいかたまっていることがあります。
そんなときはダン隊長がゲンを叱咤激励するシーンを思い出すことにしています。
僕はモロボシ・ダンはセブンとしてよりもMACの隊長としてのダンの方がイメージが強いのです。
セブン時代のダンは若く、なやんだりもしてぬるさがありますがレオ時代のダン隊長は
迷いがなく、どっしりしています。

ダン隊長はゲンに厳しい言葉を投げかけます。
でもさっきのブログ内も言ったようにそれはダン隊長がゲンを信用しているしゲンの能力を
認めているから厳しいことが言えるのです。
だからゲンも、テレビの前のたっ君もそれを受け入れることができるのです。
『その目はなんだその顔はなんだその涙はなんだっ!
お前がやらないで誰がやらなければ誰がやる!
お前の涙で税金の支払いができるか!自分の店を守れるのか!
やるんだ!』

はいっ!ごめんなさい!
とたっ君目をつぶってえいやっと受話器をとって番号を押します。

どんなにやばくても厳しいことを言われても『お前ならできる!』と言われたらたっ君はその一言だけで
のりこえてきました。
今までそうやって何年もやってきたのだからこれからもできるという自信もあります。

あと、僕はアサシンクリードシリーズでレディリバティHDのエンディングが1番好きなんですよ。
ものすごくシンプルなんですけどね。
全ての敵を倒して1人立ってるアヴリーンのもとにジェラールが迎えに来てて
アヴリーンが一言、
『終ったわ』
と言うんです。
僕はこのシーンがすごく好きで。
アヴリーンはどんなに孤独に一人戦い続けてても苦しい目に合ってもちゃんとアヴリーンの帰りを
信じて待ってくれるジェラールがいる。
これほど心強いことはないんです。
僕がアヴリーンとジェラールの関係がアサシンクリードで1番好きなのもそこ。
ジェラールは非戦闘員だからアヴリーンと一緒に戦うことはできない。でも何よりも大切な
ことはジェラールがアヴリーンの帰りをちゃんと待っていること、迎えに来てくれること。
だからこそアヴリーンは強いのです。
ただ、信じてくれる、待ってくれてる、それがどんなに心強いか。


逆に僕はケンウェイとキャロラインの関係が嫌いです。
あのような状況だったら僕はやる気をなくします。
それ以前に大切に思う人の安定を望んで足を引っ張るタイプは男女関係なくたっ君は
1番苦手なタイプです。
その人のことをどんなに大切に思っていても足を引っ張る以上その人を信じていない証拠です。
大切なその人を信じられず足を引っ張るよりもただ信じてその人の尻を叩いてほしい。
安易な親切よりも信じて尻を叩く方が大事な時もあります。


僕が仕事の企画で人生最大の大仕事を前にした時、ちょうどまーたんのイベントがあって、
僕は自分の大仕事の内容について簡潔にまーたんに説明しました。
そしたらまーたんは一言、
『いや、それくらいできるやろ?』
と。あっさり。そのときのまーたんは目が全然笑ってなくてやばかったです。
そう言われたら…必ずやるしかないよね。
無責任に励まされるんじゃなく綺麗事を言われるんじゃなく、それくらいできるやろ、と。
少なくともまーたんは僕がそれくらい簡単にこなせると思ってる。
だからやるしかなかったし実際乗り越えられました。
062816.gif

そういう気持ちってやっぱり否定されたくないし邪魔されたくないし大事なことなんです。
スポンサーサイト




テーマ:ガンバレ!! - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック