FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



DVDの販売商法とソフビの仕様変更について思うこと
この間ブログで
『円谷公式がファイヤーマンとミラーマンの第1話を無料で配信してるけど
続きを配信してくれる様子がない、もしかして第1話は無料で見せてあげるので気に入ったら
DVDを買ってくれって意味かな?』
と話してたけどやっぱりそうだった。

来週のウルフェスのトークイベントでファイヤーマンとミラーマンとジャンボーグAのDVDセットを
先行予約販売するらしい。
ファイヤーマンは18000円
ミラーマンはなんと30000円だぁ!
先行予約販売ってことは当日全額支払いで後日発送ってことね。
やっぱりそれが目的だったのね。

たとえばこれだとせっかく第1話を見て興味を持ったたっ君達若い世代を取り込むのは
難しいよね。まだファイヤーマンってミラーマンって何だ?と思いながら見てる途中だから
いきなり大金を払ってくれる可能性が少ない。
だったら有料で数百円でエピソードを少しずつ配信した方がよくないか?
いきなりDVDセットは無理だよ…。

それと同時に7月からウルトラマンのソフビが一斉値上げ。
理由は原材料の高騰。
実はウルトラマンのソフビはギンガの放送と同時にサイズが小さくなって値段も安くなった。
理由はギンガの世界観と合わせるためだけど本当はコストダウンに決まっている。
値段も安くなり、かさばらなくなったので保護者の方は満足だけど
実際には食玩に毛が生えたような大きさでしっくりこない。
これを648円で売ろうとしてるんだから。

それまではウルトラマンのソフビはたっ君があかんぼのときからずーっと変わらなかった。
今持ってるソフビのサイズも全部これなのに。
DSC_1127.jpg

普段はめったにソフビで遊ばないけど
このサイズだからリカちゃんのマクドナルドやゆったりさんともギリギリサイズが合うので
遊べるのであって、小さくされるとそれに合うハウスや家具がなくなる。
CIMG6953.jpg

CIMG6954-1.jpg

だからたっ君はギンガ以降の小さいソフビは持っていない。
一度値上げする前にレオのを1つ買っとこうかなーとトイザらスに行ったけど
塗りが雑すぎてやっぱりやーめたって思った。
だって両手のレオブレスの内側がちゃんと塗ってないの。
そんなの買うわけないじゃん。

最近はそんな文句も出たのか初代マンやティガやタロウ兄さんやゼロのビッグソフビを発売するようになったけど
レオが出るのはまだまだ先だと思うねぇ…。まだまだ先って言ったのはいつか円谷が
レオも出してくれるって信じてるから!ここ数年のレオ人気なめんじゃねぇぞ!

そんなたっ君は家でマクドナルドごっこやスイーツショップごっこ、ゆったりさんで遊ぶ用のウルトラマンのソフビを
持ってるけどレオに関してのみ、同じソフビを2つ持っている。
なんでかというと、もう1つは持ち歩き用だよ。
DSC_1126.jpg

病院に行ったりもだけど、泊まりがけの旅行にリュックに入れて持っていくやつ。
早い話が慣れない場所で不安が強い時に握るとき用。
だからサイズが小さすぎたりするとたっ君の手にしっくりこないの。
今までのサイズかそれより大きいのでなきゃ。
値段は無理に安い価格帯にしなくていいので
しっかりしたサイズときちんとした塗装のソフビを出して下さい。
スポンサーサイト




テーマ:ウルトラマン - ジャンル:サブカル


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック