FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



幻覚じゃなかった…
たっ君とんでもないものを手に入れました。


いやいやその前にちょこっとたっ君の話をば。
たっ君は一人っ子のなので色んなおもちゃを買ってもらいました。
まぁ理由としては家族が忙しくてあんまりかまえなかったというのがあって
おもちゃを与えて1人で遊ばせていたのでそのまま他の遊び方ができずたっ君は
大人になってしまいました。(まぁたっ君は自分のこと大人って言う自覚はないけどね)

そんなたっ君ですがどうしても手に入れられなかったというか存在そのものが
幻だったのものがあるのです。
1つ580円くらいで売っていて銀の皿にキャベツの千切りが入っていてハンバーグが
入っているのと目玉焼きが入ってるのがありました。銀色の皿が当時幼児だったたっ君にはとても眩しく見えました。

なんで幻だったかと言うと、そのおもちゃは1週間後に同じ場所に行ったら
撤去されていたこと、他のデパートではいっさい見つけることができなかったからです。

もしかしたらたっ君の見間違いだったかもしれないな…幻覚を見ていたのかも。
だってあまりにも早く撤去されていたし他のデパートにないもの。
あまりにもその不自然さにたっ君はときどき思い出してはやっぱりたっ君の
見間違いだったんだろうなと。


ところが。先月。
なんとそのおもちゃが未開封でヤフオクで出品されていたのです!これはOMG!!
しかもこれはハンバーグと目玉焼きのみではなく他にもオムレツがあって3種類のバリエーションがあることに
気付きました。
僕は欲しいいらないというよりもやっぱり実在していたんだ!という驚きの方が強くて。
でも同じように探していた人がいるらしく価格がえらいことになっていて
とてもたっ君に手が出せる金額ではなく…。
せめてもの思い出にと画像を保存して僕は満足していました。

そしたらその1ヵ月後、同じものが同じ人によって出品されていました。
…?
どうやらこの出品者は同じものを在庫でいくつも持っている様子…。
もしかしたら…僕にも落札できるかもしれない?
というわけで無事開始価格まんまの1200円で落札することができました!


記憶が確かならこいつは1つ580円くらいだったので3つ1200円はお得です!
開封する時も手袋をはいてそーっと開けました。
それではごらんいただきましょう!
こんなのです!
CIMG0553.jpg


CIMG0559.jpg
ハンバーグ


CIMG0555.jpg
オムレツ


CIMG0558.jpg
めだまやき

ただの昔のままごとじゃん。銀の皿っていったってただの折り詰めや
オードブルなんかの使い捨て食器で売ってるような奴だし
千切りキャベツったってただの紙切れじゃん。これがどうしたのって
思うかもしれないですが
当時5~6歳のたっ君にはこの銀色の皿が本当にキラキラして見えたのです!
多分宇宙刑事の超合金がすごくキラキラしてたのと同じくらいこの銀の皿もキラキラしてた!

幻なんかじゃない。確かに存在していたんだ。

もちろんこれはたっ君一生未開封で飾るつもりです!当然です!
SD王子の手の届かないところに置かなきゃ。

無事落札確定メールがきた時は脳内で小田和正の『嬉しくって…嬉しくって』っていうやつと
『ときをこーえてーキミを愛せるかー』が流れました。
なんで小田和正だったのかが謎ですが。
たっ君の人生のほとんどを幻のままで心につっかえていたものが実在していたのですから。
その時にびっくりするほど縁がなくても強い思いさえあれば
時を超えてもどんなに時間がかかっても再会できる。手に入る。
そういう思いを実感しましたね。
これは人生の他のシーンでもありそうな話です。

でもできることなら過去の子供時代の自分にこれを配送してやりたい。3つで10000円で
売りたい。
子供時代のたっ君なら10000円出すでしょう。自分のことは自分で分かる。
大人のたっ君も10000円手に入るし子供時代のたっ君もこれが手に入る。

あ、結局メーカーや詳細は分からずじまいでした。
でもこのハンバーグのデザインは多分ダイワトーイだと思います。
たっ君が子供の頃と言えばままごと系といえばまだまだダイワトーイが隆盛をふるっていましたからね。

俊彦ちゃん「達哉くん、なんで開けないの?遊ばないの?」
まーたん「たっ君がまたわけわかんないことにお金使ってるんよ!」
デイヴ「古いのより同じ金額で新しくてちゃんと遊べるオモチャ買った方がいいし!アホじゃね?」

でもこれを読んでいる皆さんだって買い損ねたおもちゃで今も気になってるのってあるでしょ?
超合金とか、ソフビとか。
たっ君はたまたまこの銀の皿への執着が強かっただけです。
スポンサーサイト




テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/07/08 21:29】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック