FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君が人生で最初に選んで買った服が出土する
おふくろにまた化粧品のお下がりをもらいました。
おさがりといっても新品です。
ようするに免税店なんかで買い物したのはいいけど買うだけ買って
飽きちゃって使わないまましまいこんだりしたものを
たっ君が頂くのです。
どケチでお金のないたっ君は服と帽子には多少お金をかけても
どうしても化粧品やアクセサリーにお金をかけたくないのです。
ましてたっ君は男ですから普段はメイクなんかしません。
完全装備のロリータの時だけですからすぐになくなるものでもないのです。
親子だから皮膚の組成も多少似てるだろうから同じような
化粧品で大丈夫だと思います。
ちなみに僕とおふくろは全く顔が似ていません。

そんなわけでそろそろ足りなくなっていたエスティーローダーのファンデーションや
シャネルのパレットをもらいました!全部新品!嬉しい!

それとこれが出てきましたよ。
以前ブログで言っていた人生で初めてたっ君が自分で選んで買った服です。
DSC_1025.jpg

DSC_1026.jpg
友達と一緒に服を買いに行ってスズタンで1000円くらいで買ったものです。
まずピンク、というのがたっ君の目を引いたのだと思いますし
パンダのモチーフも嫌いではありません。
それにこのoh my godですが、たっ君は昔からドリフが好きで
大好きな志村けんが007のコントでoh my godと言っていたのを覚えて
いたんだと思います。多分それで意味は分からなくても買ったんだと思います。

ただ、これを買ったときおふくろはめちゃくちゃ怒りましたね。
なぜならたっ君は10代後半になっても自分の服の選択権がなかったんです。
おふくろが選んだ服や靴下を着せられていました。
あんたはこれが似合うからこれがいいんだからと。
H.Lやらカステルバジャックやらどこのゴルフ親父かと。
当時はロリータというものを知らなくてリカちゃん人形やバービーのように
生きたいと願った少年にはあまりにもつらかった。
だからそんなデザインの服は好きじゃなかったし本当は着たくなかった。
それで女の子の友達の買い物に一緒に行って自分も1000円のシャツを買ったら
めちゃくちゃ怒られた。今でもよく分かりません。
2,3歳の子供でもこれが着たいーといって主張するのに
なぜかたっ君はそれをせずに成長してきて我慢してきて大人になったから
今までのおしつけや他人の意見が大嫌いになったんだと思う。
服だけじゃなくて仕事や行動も誰かにああしなさいこうしなさいと
上から目線で押さえつけるとふざけんなと思ってる。
それは親に押さえつけられただけじゃなくて雑誌で書いているこういうコーデは
だめだとかもてないとかそういうなのを押しつけられるだけでも腹が立ってくるのだ。
もてないってなに?もてるために、それ以前に誰かに気に入ってもらうために
たっ君は自分の着る物を選んでいない。
自分がこれだけを気に入ってるから選んでるんだ。
もしかしたらたっ君のことを変な服だと思っている人はたくさんいるかもしれない。
でもたっ君はそんなこと気にしないし少なくともたっ君の周りの人は
たっ君が自分で選んだ服を似合っているとほめてくれる人が多い。
やっぱりたっ君=リボン、胸やけするくらい過剰レース、そしてなによりもピンクであることが大事なのだ。
自分が何が似合うのかを知っているのは自分しかいないと思う。
スポンサーサイト




テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック