FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



自衛隊のF35パイロット、アメリカ研修が決まる
日本の自衛隊からF35の訓練をするために選抜された隊員が年内にも
アメリカに向けて出発することになりました。
行先はアリゾナのルーク空軍基地で、ここで訓練をして実機に乗って練習します。
いよいよF35配備に向けて動き出しましたね。
http://flyteam.jp/news/article/63449





F35が配備されると空自のF4ファントムばあちゃんは事実上引退になるでしょう。
以前僕は戦闘機には大型制空タイプと小型マルチロールタイプの2種類があって、
お互いがお互いの過不足を補いながら仕事をしていると
話しましたが、今まで日本がアメリカから導入してきたのはF4ばあちゃん、F15イーグル兄さん
と大型制空タイプばかりでした。
だから今回も新型機はやはり大型制空タイプのたっ君が来るはずだったという
人がいるし、今でもそう信じている人もいます。
小型マルチロールタイプにはすでにF16ベースで日本が開発したF2さんがいるからでしょう。
でも実際に導入されるのは小型マルチロールタイプのF35となりました。

ですから役割上大型制空タイプのファントムばあちゃんの代わりをF35ができるのかという
疑問はありますが、そこはやっぱりマルチロール、なんでもこなしてくれるのでしょう。
これが逆に喧嘩番長のたっ君が配備されるとたっ君は制空機どころか航空支配機というキャッチフレーズが
ついているのでいったいどこへ殴りこみに行くんだという話になります。
そこらへんの周りへの配慮も含めてF35がベストだと思います。
多分日本政府はそこまで考えてると思います。
今のまま専守防衛とするならば大型制空タイプ1:小型マルチロールタイプ2という
配分がベストかもしれません。

現実世界でも口下手で割と怒りっぽいたっ君に交渉の仲介の仕事をさせると
ややこしいことになるので、ここは頭のいい冷静な人に頼むのと同じです。


だから今回アメリカに派遣されるのは多分同じ小型マルチロールタイプの
F2出身の人達じゃないかなぁと思います。
大体機種の配置転換するときは同じタイプのから配置転換しますから。
たとえばたっ君だとF15E出身者が多いです。

ちなみに今回の研修にはノルウェーやイタリアの空軍も一緒に
同じ基地で勉強するそうです。
みんな仲良くしましょうね!(ユーロファイターのイタリアがなんでF35を使いたいと思っているかは謎ですが…)




ヨーロッパ機、と言えば世界でも小さな戦闘機と言われるスウェーデンのグリペン君
ですが、このたび新型のグリペン君JAS39Eがお披露目となりました。
http://www.sankei.com/photo/story/news/160519/sty1605190008-n1.html
GripenSaab_640.jpg



小さな体ながらF/A18(レガシーかスーパーかどっちかは不明)並の推力があるそうです。
スウェーデンが新型グリペン君を発表したのは今年の正月のロシアの核投下訓練を目的とした
領空侵犯があったためではと僕は考えます。
事件発生時、スウェーデンはテンパってしまって急遽グリペン君を出せず、デンマークに助けを求める始末。
そして4月にロシアの爆撃機がバルト海にいるアメリカの駆逐艦に対して挑発飛行もしています。
やはりスウェーデンも自国ですぐに出撃できる体制を整えるのと同時で新型を発表したのでしょう

一方このロシアはクリミアを足掛かりにしてルーマニアの方へ降りてくるかもしれないので
そこはたっ君が今現在何機かルーマニアに配備されていますし。

この分だと北西から日本に頻繁に領空侵犯してくる恐れもあります。
そのためにも日本は自分の抑止力を持たなくてはいけません。
一刻も早くF35の配備が望まれます。
スポンサーサイト




テーマ:航空業界情報 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック