FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



よくもまぁ4000回もくだらないことをしゃべり続けたものだ
ついにこのブログも4000個目の記事ですよ。
まぁ実際はボツになったのもあるから実際の記事数はもっと少ないです。
でも4000回もよくまぁくだらないことしゃべってますね。

4000回記念はやはり当サイトのメインヒロインの俊彦ちゃんのイラストを。
がっつり気合い入れて描いておりますのでお気に召していただければ幸いです。
03151640.jpg
やっぱりこういうベルサイユのばら風衣装は俊彦ちゃんが1番似合います。
あと、俊彦ちゃんは宇宙で1番ピンクが似合います。
逆にピンクが似合いすぎて他の色の服だとあれれ?と思う。

僕達ALFEEファンにとって俊彦ちゃんはやっぱり特別な存在です。
服装からして目立ちたがり屋かと思いきやいつも幸ちゃんや剛君やkoji君の
陰に隠れてもぞもぞしてて、たまに幸ちゃんの威を借りて調子こくと
姉さんに思いっきり大目玉をくらい…。
それのくりかえしなんですけどね、ALFEE。
幸ちゃんの陰でもぞもぞしてる甘ったれで泣き虫の俊彦ちゃん、というのはほめ言葉です。
というか強気で頭もよく回る俊彦ちゃんなんかそんなの俊彦ちゃんじゃないし。

逆に俊彦ちゃんのことが苦手なALFEEファンの女性って
ああいう俊彦ちゃんの甘ったれたところがかんに障るのだと思います。
すぐに泣くし。
ベルサイユのばらのロザリーが嫌いな人と同じ層のような気がします。
ロザリーよりもジャンヌが好き、みたいな。
僕もロザリーは嫌いですが(お、はっきり認めたぞ)なんで嫌いかって言うと
甘ったれたところや泣くところじゃなくてちゃっかりしすぎてて
オスカル様の家に世話になったかと思えば貴族社会がやばくなったら
さっさとベルナールに鞍替えしましたからね。だからリスクもなく無傷です。
その辺の計算高さが鼻につく。

俊彦ちゃんは幸ちゃんやkoji君を頼りながらもこけたり失敗してもなんとか自分でできることは
やっていこうとしてますからね。
これすごく大事ですよ。
ただ泣いてるだけではなくて泣きながらでも失敗しても自分でできることを
やろうとしてるから好き。
よく似ているようで全然違う。
あと、いつも調子こいて姉さんにたまに痛い反撃を食らってしゅんとなるけど
本当は姉さんにかなわないことも自分で理解できてるんじゃないかな。
でもついつい幸ちゃんと一緒に調子に乗ってしまう。

それとあと思うのですが、毎年やってる『世界が選ぶ美女100人』になんで
日本人はその時流行の女優さんばかりで俊彦ちゃんがランクインされていないのか。
美女かどうかはともかくかわいらしさ、可憐さ、顔立ちのきれいさ、肌つやは
その時流行のタレントさんなんかよりもずっとずっと上だと僕は思っています。
年齢的な物がアウトなんですか?
それとも俊彦ちゃんがもともと男の子だから?

僕は小さい頃、本屋さんの立ち読みでベルサイユのばらの絵を見てから
美しいものが大好きになりました。
なんてきれいなものがこの世の中に存在するんだろう。
写真や映画や絵や音楽、お洋服、綺麗な物が大好きです。
たとえ流行であってもお勧めされても綺麗じゃないものには興味を示しませんでした。
その中で出会ったのが俊彦ちゃんだったのですが、とにかくきれいな物じゃないと嫌だ!
という僕が太鼓判を押して言います。
『世界が選ぶきれいな顔』の日本代表は俊彦ちゃんで決まりです。
スポンサーサイト




テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック