FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



子供を更生させることはできるのか?
最近、ISISが子供に戦闘員の訓練を受けさせ、戦地に送り込むことが
ニュースで話題になっている。
そういったことから子供が戦闘員としてそこにいるかもしれないから
空爆はやめましょうと言うtwitterが回覧板で回ってきたときは僕は絶句した。

僕は以前から書いているが僕の考えとしては理由なき子供の虐待や
いじめに対しては絶対反対だが、自分の意思で兵隊になった者が
こっちを攻撃してきたら性別年齢関係なくぶちのめす。
でなきゃこっちが殺されてしまう。
筋力関係なく銃さえ持っていれば子供でも大人を殺すことができる。
交戦中に殺されたくなかったらこっちも全力で相手を叩きのめすしかない。

そもそも子供の戦闘員のみならず、日本の少年犯罪に対して
未成年の犯罪時の名前の非公表や精神鑑定の緩さ、罪の軽さなどは
若くて判断力のない被告に対して更生の余地を与える、というものが大きい。

確かに子供は判断力がないのは仕方がないとして本当に
未成年の子供は大人より更生余地はあるだろうか?

僕は学生の頃、テレビでシエラレオネのダイヤ鉱山で働く少年兵だった
人のインタビューを見た。
少年兵は政治犯は手足や耳を切り落としたり、鉱山で強制労働を
うける政治犯たちが逃げ出したら撃ち殺したりしていたとも。
そしてその少年達も正常な判断をできなくするため、麻薬を打ち込まれていたそうだ。
元少年兵だったその人は、といっても15歳くらいだが当時を振り返って自分のやらかした恐ろしいこと
に落涙し、後悔反省していた。
罪を憎んで人を憎まず、それができれば誰も苦労はしないが、
麻薬を打たれていたとはいえ、大勢の人の命を奪った事実は消えない。
たとえ当時子供だったとしても罪の重さは大人と同じだ。これは絶対に
曲げられない。
そのことをこの元少年兵は知っている。
それでも今かつての愚行を反省しているのならばしっかりと更生を
してほしいし回りもサポートするべきだと僕は思った。


次に僕はもう一つの少年兵のエピソードを知った。
カンボジアのクメール・ルージュの元少年兵たちだ。
ポル・ポトが『大人は汚れている。子供だけの国にしよう』
といって14歳以下の子供を親から引き離して戦闘員として育て上げ、
彼らに国民の実に1/3を拷問させたり殺させた。
しかし所詮は子供だけの軍隊、大人がいないので侵攻してきたベトナム軍に
あっさりやられて陥落した。
この少年兵たちは非常に残酷なやり方で無辜の一般市民を
拷問にかけ、処刑していったのだが、
こちらもまた当時の少年兵だった人たちのインタビューを見ることができた。
彼らは今大体まーたんや茂木のおっちゃんと同年代かそれよりちょっと若い世代の
人達くらい。
ただ、シエラレオネの元少年兵との違いは、彼らはのうのうと
当時は自分達も被害者だった。命令に従わなければ殺された。
自分達が拷問処刑した人よりもまず自分達が被害者だとのたまった。
これを見た時僕はものすごく胸糞が悪くなってしまった。
僕はまだ学生だったがこのインタビューを見た時こいつら全員一発
ずつぶん殴って鼻をへし折ってやりたいと思った。
確かに命令に従わなければ自分たちもまた殺される。それは子供達にとって
仕方のなかったことかもしれない。
また、誰かのせいにしなければとても精神が持たなかったのかもしれない。
だが拷問されて殺された人達より自分達の方が被害者だという考えは
本当に胸糞が悪かった。しかもそれをいけしゃあしゃあと顔だしで
しゃべっているのを見ると本当に腹が立った。
30年以上たっているのにこいつらは何も反省していなかったってね。

その反面で当時少年兵だった人がカンボジア中に埋められた
地雷を処理するボランティア活動を続けていることも報じられていた。

もしこれを読んでいる人で逆らえば殺される、ということで少年兵になって
たくさんの人を拷問したり処刑した過去があったとして当時のことを
自分達は悪くないとした上で、さらに顔だしでへらへらと笑いながら
インタビューに答えられるだろうか。普通はできないはずだ。

何歳だろうと人を殺した事実は変わらない、拷問した事実は変わらないということだ。
現実にそこに遺体が転がっている事実は変わらない。
更生する、反省する、ということは自分が誰かの命を奪ったことを受け止め、
その痛みを少しでも理解することからだ。
それと同時に当時が子供だから残りの人生が長い分、そして当時に判断力が
なかった分必ずしも更生してくれる、反省してくれるとは限らないのである。
つまり大人でも子供でも更生する奴はするだろうししない奴は絶対にしない。
子供の方が大人より更生しやすいと言う明確な証拠はない。
本当にそいつの性格しだいになってくる。

今ISISにいる少年の戦闘員たちも救出されたところで
一体何割くらいが更生するだろうか。
一体何割くらいが更生せずにまた別のテロ組織に入るだろうか。
そしてその割合は大人の戦闘員が更生する確率と
どれくらいの違いがあるだろうか。
僕はそれを知りたい。
DSC_0305.jpg
スポンサーサイト




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック