FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



気をつけよう、反省しようと思った
以前僕が同業者の女の子に呼び出されて仕事の相談を聞いていて
明らかに彼女は周りの人を見下していたのと、その人たちに対してイライラ
していたのが見てとれたので僕は聞いていて気分が悪くなったと
話していたと思う。
それについての詳細はここを読んでほしい
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-3190.html

あれからも僕は何度も呼び出され、話を聞いていたことがあった。
実は一昨日にもまた彼女に呼び出されていた。
ここ数カ月で彼女の事業所は少し大きくなり、取り扱う仕事内容も
増えたのは知っていた。
今日はその辺りの面白い話が聞けるのかなと少し僕は期待していたのだが、
残念ながら彼女の持ちかけてきた話題はさらに膨れ上がった
愚痴とスタッフやお客様への不満だった。
ああまたかと思うと僕は馬耳東風したかった。
でもやっぱり聞くしかない。
僕は適当に相槌を打っていたが、
とうとうさすがの僕も聞き捨てならない発言があった。
『貧乏そうなお客さんってうちにこないでほしいよねー。
売り上げも微々たるもんだし、接客するのもしんどいわ』

確かに僕らの業種はスーパーでもユニクロでもないので
お客さんの数は圧倒的に少ないが、お客さん1人当たりの金額は
そこそこ大きい。
だからこそより高級な商品を買ってくれるお客様を
大切にしたいのが本音だ。
だからといって僕は格安商品を扱わないわけではないし
そういったものを求める人に対しても同じように接客をする。
つまりお腹の中で思っていることは違っても相手にはそれを
絶対に気取られないようにする。
それが商売人のマナーだ。
それは彼女も分かってるはずだろう。
僕が彼女の言っていることがのっぴきならないなと思ったのは
そういうお客さんへの差別や愚痴を
今こうして公共の場で大きな声でわめいていることと、
彼女の会社のSNSの目立つ所に書いてしまったことである。


といっても彼女がここでわめいても誰かが録音でもしない限り大丈夫だとは思うが
問題はスタッフもお客さんも誰でも見ることのできるSNSに書いたことに関してだ。

コンビニや吉野家のバイトがお客さんの悪口を書いてきもいというのと
わけが違う。
なぜなら彼女はここの経営者だからだ。
バイトなら辞めればこの企業とは無縁になるが自分が経営者なら
やめたり逃げたりすることはできないので結局彼女が困ることになるのだ。

僕はその仕組みをやんわり説明したつもりだったが
理解してもらえなかった。
当然のことなのに!とぷりぷりして全く話にならない。

確かに僕は以前このブログで高額商品を返品されて
落ち込んだと書いたことがある。こんな人お客さんと思いたくないとも書いた。
でもここのブログは会社のブログではないし、大体ここには
たっ君のお店がどこにあって何のお店かも書いていない。
当然返品された高額商品の内容も書かれていない。
だからそのお客さんが偶然ネットサーフィンでこのブログを読んでも絶対に自分のことだとは
思えないだろう。

ところが彼女の会社のブログには自分が気にいらなかったお客さんの
容姿や行動や社会的地位を事細かに書いていて、
そのお客さんが来れば気が付いてしまうくらいに
書いている。そして最悪だ、最低だ、けちだと書いている。
さすがにこれはまずいので、消した方がいい、と
たっ君にしては結構強く彼女に説明した。

彼女はブログにスタッフを見下すような文章もよく書いているので
それもどうかなと思う。
自分の方が頑張っているから自分の方が長時間働いているから
無条件にえらいのか?
確かに彼女は怠け者の僕に比べたら一生懸命働いている
ことも知っている。
でも特定のスタッフを捕まえて無能呼ばわりしたり
こういうタイプは何やっても続かない、と決めつけてしまうことを
積極的にやる権利を持つかというとおかしい。

実際僕も仕事柄こういうタイプはだめだとか続かないと言うダメ人間が
存在することは知っているが、なにもそれを晒しもののように
会社のブログに書かないといけないのか?
挙句の果てに彼女は僕に対して自分はダメ人間の見分け方が
うまいと自慢をしたことである。
それは見分け方がうまいのではなく、お客さんやスタッフに対してダメ人間のレッテルを
はるのを趣味にしているだけじゃないのか。
誰かをダメ人間だと大きな声で宣言するほど彼女は自分のことを
成功者だと思っているのだろうか。
そこまで考えると僕はもう頭が痛くなった。

僕がこういう経験をするたびになじみのステーキ店のご主人の御母堂が言う。
『女の相談ごとや愚痴に真面目に考えて答えちゃだめよ。女はこうやって
相談ごとや愚痴を言うのは解決策を教えてほしいんじゃなくて
ただこうやっておしゃべりして誰かにきいてほしいだけなのよ』
そうかもしれない。
彼女も深いことを考えているのではなく、こうやって仕事でたまった鬱憤を
どこかで放棄したくてしゃべっているのかもしれない。
それは十分に理解しているつもりだった。
それでもやっぱり会社のSNSに特定の誰かと見てとれるスタッフやお客様を見下す言葉を続ける
のはどうかと思った。
なぜならそこに悪口を言われてしまった被害者のスタッフやお客さんが存在するからだ。
傷ついてしまっているかもしれない。
その気持ちを彼女はじっくり考えてほしいと思う。
かといって僕はてこでも動かない彼女をこれ以上説得することはできない。
そこまでいい言葉が浮かんでこないし、彼女の悪口はエスカレートして
本当に聞いていてイライラするからだ。

だから僕はしばらく彼女と距離を置くことにした。
以前のようにSNSに足跡を付けることもやめるし、SNSものぞかなくなるし
ブログも読まなくなるだろうと思う。
彼女が今のような発言を続けることで何か被害を被ったり
大きな失敗をしても彼女が自分で気づいて立ち直る気を起こさない限り手助けはできない。
それが僕が出した結論だった。
絶交するわけではないが離れたいと思った。

そして僕自身も自らを省みる機会を作ろうと思う。
お客さんの悪口をあからさまに言うのは我慢しよう、
他の人を見下したような態度を取っていないか十分確認しよう。
021316.gif
スポンサーサイト




テーマ:なんだかなぁ~。。。 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック