FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君極地を探検する 生態系編
南極の石を実際に触ることができます。
CIMG0063.jpg
電子顕微鏡で沢山のきれいな鉱物を見ることができますよ。
南極にはサファイアやルビーが確認されています。
インドにもサファイアやルビーがたくさんとれることから、鉱物の生態が似ているのなら
昔はインドと南極は一つの大陸だったのではという説が強いとの報告がありました。




CIMG0064.jpg
南極に住むライギョダマシです。これを読んでいる人もみんな食ったことがありますね。
え?こんな変な魚食ったことない?
そんなはずはないです。
メロの方が一般的な名前かな?
僕はこの標本を見てすぐにメロだと分かりました。別名銀むつです。
淡白でにおいもしないので魚嫌いのたっ君大好きです。


CIMG0066.jpg
突如天井にラジコンの飛行機が現れました。
こういう無人の飛行機やアドバルーンを飛ばして南極の空気のサンプルを集めます。


CIMG0067.jpg
血液が赤くない魚、コオリウオです。
普通生き物の血液は赤血球にヘモグロビンが含まれているため血は赤くなります。
たっ君がいつも青白い顔をしているのはヘモグロビンが成人男性の1/3くらいしかないので
血色が悪いのです。はい。ということはたっ君はコオリウオ?
でもこのコオリウオの赤血球にはヘモグロビンがわずかですので
だから血液も内臓も真っ白。


CIMG0068.jpg
南極に住むアザラシの親子です。



CIMG0069.jpg
地球最南端に住むコウテイペンギンです。
世界で最も大きなペンギンで大きい個体だと130cmくらいまで成長します。
南極大陸全体に分布していて南極大陸をすみかとするのはこのコウテイペンギンと
アデリーペンギンだけなんです。
過酷な世界ですが立松和平の言葉を借りるならば『ここにも命があるんだなぁ』と思いました



CIMG0070.jpg
ホッキョクキツネです。


CIMG0072.jpg

CIMG0073.jpg
ここでは実際に越冬隊の人が屋外作業をするときに着る服やブーツを触ったり着られます。
これはジャケットとパンツです。(パンツ、と言わないとシャレオツではないのです。
でもまーたんはジンガイのくせにズボンと言います)
中身は羽毛100%でダウン80%フェザー20%のちょっとした羽毛布団並みのクオリティで、
そこらの安いダウンジャケットとは違います。たっ君も触ったらめちゃくちゃ柔らかかったです。
たっ君はワンピースで来ていたから下半身はパニエの入っているスカートだったのでパンツははけませんでしたが
ジャケットは着てみました。
ダウンジャケットがMサイズだったのでたっ君は前が
閉まりませんでした。まぁたっ君がマイメロのもこもこパーカーを着ていたからかもしれません。


あと、オーロラの映像が楽しめる小さなプラネタリウムもあります。
最初は退屈だったのですがラストのオーロラが少しずつ広がっていく姿は美しいです。

CIMG0076.jpg
南極の氷に触れます。石が普通だったのと同じで氷も普通です。


3時間たっぷり楽しめました。
写真撮影も怒られないし実際触っていいよという展示品もあるので
何でも触ることが大好きなたっ君には嬉しい。

ここへ来る時晴れていたのですが雪がまだ残っていたので
そのときに綿のワンピースに素足ハイソックスでコートなんか着ないで
うっすいサンリオのパーカーだけをはおって駅から歩いてきたたっ君を
見た国立極地研究所の職員が来て
『君、寒さに強そうだね!越冬隊になってみないかい?』
と声をかけていきなりスカウトされるということもありませんでした。

いや、職員の人はみんな感じの良い人達でした。


たっ君にはお勧めスポットだったです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック