FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お前にナムの地獄の一端を見せてやろう
たっ君仕事の大変難しい交渉終わりました。
多分たっ君が人生で1番難しい交渉になったと思います。
もう行く前からずっと不安で。怖くて。
でもこいつが通れば4年くらい僕を苦しめていた物が楽になるのです。
だから僕は一人ででも戦うしかなかった。
あ,でもちゃんとメーカーの人や銀行の人,以前お世話になった
不動産会社の人コンサルタントの先生とかとは
連絡をとりあってどうするか決めました。

…で。
たっ君の予想通り相手はめちゃくちゃ怖くて手ごわかったです。
たっ君めちゃくちゃがんばったんですけどね…
結局その日は交渉決裂。
どうしようもない事態になりました。
でも決裂で済ませてしまえば僕はとんでもない大ダメージを
食らうことになるのです。急いで再び相談しまくりました。
そこで取引先の銀行の支店長が明日もう一度交渉に行け,と提案しました。
そのことをコンサルタントの先生に説明して
明日ももう一度交渉に行き,そこで僕がどんな話をするかという
案も各自出ました。
夜中になって心配した不動産屋さんの営業マンの人が電話をかけて来て
その人と話もしました。
その後たっ君はレッドブル以外飲まず食わずで一睡もせず次の日
コンサルタントの先生と電話で当日の打ち合わせについて確認していると
僕の中に銀行の支店長の物でもない,コンサルタントの先生の物でもない,
僕オリジナルの案が浮かびました。
ただその案はうまくいっても僕にもダメージがまさに大きく肉を切らせて骨を断つ
作戦でした。ただ僕は自分を守るためにはもうこうするしかなかったです。
で,今日,その案でもう一度交渉に行きました。
…なんとか交渉は成功した,と僕は思います。
自分のダメージが大きくなることが怖かったけれど交渉決裂するより
よっぽどいいし,4年も悩んでいた案件がこれでなんとかなりそうです。
最後は自分の作戦を取りましたがこれでよかったと思います。


たっ君はなぜここまで戦えるのか。
以前にも言いましたが戦うしかないからです。
敵に対してはたとえ便所に隠れていても引きずり出して息の根を止めてやります。
今回の交渉相手どももクソ腹が立ったので
建物ごと絨毯爆撃では僕の気が治まらず
機銃掃射でミンチにして肥溜に放り込んでやりたかったです。
それでも僕はがんばりました。戦いました。
何かを守るためならギリギリまで粘って追い詰めて自分が傷つくのも
納得して戦わなければなりません。
最終的に自分が守りたい物以外のリスクを考えてはいけません。
何を守りたいか,守らなくていい物は何かをはっきり仕分けすることがまず大事です。
どれくらいの傷ならおってもかまわないのか,それも大事。
リスクや理由のない不安でビクついてなにもできず食いものにされるくらいなら
戦う。
全ては手探りで。
ハウツーサイトやハウツー本は助けてくれませんよ?
そして腰抜けだけにはならないこと。
僕はこれまで幾度もそんな戦いを乗り越えてきたのです。
有吉が『お前地獄見たことねぇだろ』とよく言いますが
それならばたっ君は髪の毛をふぁさってしながら
「ほーん?じゃあおめぇの見た地獄と俺の見た地獄,本当の地獄はどっちだろうな?」
と言い返します。
たっ君を髪型や服装でなめないでほしい。
見た目はゆめかわいい姫ロリでもキレるとほぼ平均的な関西のヤクザ口調
だもんで今回も電話越しでキレるたっ君に不動産会社の人がドン引き。
もちろんちゃんとびっくりさせてしまったことを謝罪しました。
ただ僕が絶対に忘れないでほしいのはたっ君の
信条は戦い(combat)だけど決して虐殺(slaughter)ではないってことを
これを読んでいる人には分かってほしいと思う。
何かを守りたいために戦うのであって意味なく何かを大量虐殺したい
わけじゃない。無抵抗の人,非力な人をいじめたりしないってことだ。


僕がふと思うのは就活がうまくいかなくて死にたいと思っている人。
俺も就活なんてどこも受からなくてバイトすら受からなかった。
でもなんとか生きてるよ。
自分で戦うのはものすごく怖いことかもしれないけど10歳まで注射で泣きわめいて
暴れていたいじめられっ子のたっ君でも今はなんとかなってる。
だから就活ごと気で絶望すんな。

昨日は1日飲まず食わずだったので今日はカレーをば…


DSC_0690.jpg

スポンサーサイト




テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/12/18 21:28】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック