FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君は人当たりがいいけれど唯一機嫌を損ねること
たっ君は普段は人当たりがとてもいい男の子です。
いつもにこにこして声を荒げたり暴れたりすること…はほとんどないと思います。
八つ当たりやすねてむくれたりということは絶対にしません。
自分がお客さんになったときにもお店の人にもにこやかに接します。
えらそうになんて言いません。

そのたっ君が1つだけ周りの人がドン引きするくらい怒りだすものがあります。
それは、誕生日をないがしろにされることです。
豪華なプレゼントを用意しろとか言ってるんじゃないんです。
僕にとって1番いやなことは誕生日を忘れられたりほっとかれたりクリスマスとごっちゃにされることです。
僕の誕生日は1年に1度しか来ないのであってそんな大切な日を忘れてほしくないし
誰でも祝えるクリスマスと一緒にしてほしくないのです。

12月26日はたっ君の誕生日であってクリスマスのおまけではないのです!
もしたっ君の耳元で悪意がなくても「たっ君は誕生日がクリスマスと一緒にされてかわいそうね~」
なんて言ってごらんなさい。
ブチキレたたっ君が至近距離からそいつのどてっぱらにAIM-9Xを撃ちこんでやります。
ついでにプレゼントとしてトイザらスかヨドバシのおもちゃ売り場で
カート詰め放題を請求します。
それくらいたっ君悔しいのです。悲しいのです。というかものすごく腹が立ちます。


なにが起こったかというと。
たっ君の誕生日のキャラケーキはいつもとある遠方のケーキ屋さんで1ヶ月前に予約して
毎年作ってもらっています。
モチーフはその年たっ君が一番夢中になったキャラ。
で、今年は立体ケーキに興味を持っていつものケーキ屋さんではない立体ケーキ専門のお店に
問い合わせのメールをしました。
いつものケーキ屋さんも立体ケーキは作れるのですがいつものケーキ屋さんは素材やクリームが
とても美味しい分少しお高いのです。
実際同じキャラケーキでも見てくれだけでなくて味の方も大人にも好評なんです。
だから少しお安い立体ケーキ屋さんを探して問い合わせのメールをしたのですが
たっ君の誕生日まで1カ月くらいあると言うのに26日のお渡し分はクリスマスのため
できません!という返事がきました。
またクリスマスにたっ君の大事なケーキが持って行かれてしまいました。

昔たっ君がウルトラマンレオのケーキを作ってもらおうと近所のケーキ屋さんに頼むと
今クリスマスで忙しくてアンパンマンのケーキしかご用意できませんと言われてしまいました。
翌年そこのケーキ屋さんでウルトラマンレオのケーキを作ってもらいましたが
あれは本当に悲しかったです。

それ以降僕は遠方でも僕がほしいと言ったキャラケーキを確実に作ってくれるお店で毎年
お願いしています。
ところが今年は何を思ったか他のケーキ屋さんにメールしたところクリスマスなので!と
断られてしまいそのメールを見たときたっ君はまた知らない他のお客さんのクリスマスの
ために僕のケーキを持って行かれた!と泣きそうになりました。

クリスマスはクリスマスケーキを食べればいいじゃない。
どうせあなた方は誕生日は12月じゃなかったら誕生日もキャラケーキ食べられるでしょ?
26日は僕の誕生日のためにキャラケーキは僕に譲ってよ!
僕がめちゃくちゃなことを言っているのは分かります。
でもそれくらい許せないんです。
僕の誕生日を知らない誰かのクリスマスのために譲りたくない!
もう泣きそうでどうしようもなく。

確かに普通の人はキャラケーキなんて誕生日とクリスマス両方食べたとしても
子供の間しか食べられない。普通は。
たっ君は永遠の9歳なので死ぬまで毎年キャラケーキを食べることができます。
だからいずれは大人になってしまう人間の子供達のために枠を譲ってあげ
るべきだった、と自分を納得させようとしました。

でもケーキを作ってもらえなければ僕の誕生日じゃない!
キャラケーキがない誕生日なんかあり得ない!
ブランド物のパティスリーのケーキなんかいらない!
普段の生活でもアニメやゲームが好きでキャラ物に囲まれて生活しているたっ君には
キャラケーキがお似合いだし、毎年その年に1番自分が盛り上がったキャラの
ケーキにすることで思い出にもなるし。

というわけで落ち着いて僕は先述の遠方の毎年僕のキャラケーキを作ってくれる
ケーキ屋さんにメールしました。
そしたら快く引き受けてくれました。
その後で僕はお金をすぐに支払って電話で細かい指定をしました。
いつもながら快く作ってくれそうです。

さすがというかなんというか。
初めから毎年お世話になっているここのケーキ屋さんで頼めばよかったです。
ただ、電話の時に
『クリスマスの飾りは何にも要らないですよね?』
と確認された時またクリスマスと一緒にされた!と一瞬だけ涙目でした。

そんな泣くほどでも…というのが普通の人の意見かもしれませんが
たっ君は嫌なのです。
誕生日をないがしろにされたり片手間にされるのが。
だってこの日は1年に1度だけたっ君のためのたっ君だけの記念日だもの。
ないがしろにされたら涙が出るくらい悔しいのです。

とりあえず今年の誕生日もキャラケーキなしという危険は避けられました。
1202153.gif
スポンサーサイト




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/01/09 22:00】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック