FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



迷子ひも賛成派のたっ君
相も変わらず子供の迷子ひもを賛成と見るか反対とみるかの議論が
続いているようです。
僕はひもを使うのはその家庭の自由だしそれを使っている人を
外野が虐待だと一方的に批判しているのはどうかと思います。
小さな子供は撃ちっぱなしのミサイルのようで、どこへ飛んでいくか分かりません。
毎日どんなに安全運転に気を付けていても交通ルールもまだ知らないような
小さな子供がミサイルのように飛び出してくるのは考えただけで恐ろしいですよね。

ずっと手をつないでいろと言いますが荷物はどうしますか?子供が3人以上いた場合は?
買い物なんかしていたらずっと100%子供から目を離さずにいることは不可能ですよね?

他のファンに怒られるかもしれませんが、
たとえばあなたは棚瀬さん(中年男性。運動の習慣はなし)だったとします。
俊彦ちゃんを連れて乗ってきた車を降りて車の多い道を歩いています。
ついでに片手に荷物(中身は卵か精密機器のようななんらかの壊れ物)を持っています。
突然何か興味のあるものを見かけたのか
俊彦ちゃん(還暦過ぎだがすばしっこい。身軽)がミサイルのように
車道の方へ飛びだしてしまいました。
同時に上着のポケットで電話がやかましく鳴りました。
とりあえず俊彦ちゃんを追いかけようと走り出しますが運動の習慣がないので
足がもつれて転倒。
カバンを落として中身が散乱。
最悪な場合俊彦ちゃんがそのまま車道に飛び出してしまうパターンです。

…ということになるわけです。
もし僕が棚瀬さんだったらそうならないためにまっさきに迷子ひもを買って俊彦ちゃんの背中に
結びつけます。
113015.gif

そうすれば俊彦ちゃんが飛び出してもゆっくりと迷子ひもを引き寄せて止まってもらうことも
できますし安全です。


そしてたっ君も人のこと言えません。
たっ君の子供のころは迷子ひもはなかったのでうちのおふくろはずっと手をつないでいましたが
たっ君はおとなしい子供だったので飛びだしたり危ないことは一度もありませんでした。

ところが迷子ひもがいらないようないい歳になってから僕は2度飛び出しをして危ない目に会いました。
一度目は初めて初台のスクエニショップに行った時、初めて見る憧れのスクエニショップと言うことと
正面にセフィロスのパネルがあってたっ君は大興奮でお店に走って近付いて、
そのときお店の前を横切る自転車にはねられそうになりました。
このときは今でも忘れません。怖かったです。
しかも勝手に飛び出した僕が悪いのです。
ちょうど目の前に巨大なクラウドとセフィロスのポスターを見て大興奮になってしまって
回りの通行人や自転車のことなんて見えていなかったのです。
自転車が急ブレーキを押したキキーッというものすごい音で僕は我に返ったのと
自転車の人に迷惑をかけてしまったというものすごい罪悪感とやっぱりはねられるところ
だったかもという恐怖で固まってしまいました。本当にあの瞬間は今でも
忘れられないくらい怖かったです。
自転車の人はびびりもせず無表情無言でそのまま去ってしまいましたが
あやまりたかったです。
あの、2008年の5月のGWにスクエニショップの前で自転車に乗っていて
飛び出してきた人をはねそうになった人がここを読んでいたらごめんなさい。
あのとき建物に近づくために飛び出してきた、ウルトラマンの青いかばんを背負った
髪の長い子は僕です。

そして昨日。
ブラックフライデーの広告メールが来ていたのでたっ君は近所のトイザらスに
来ていました。
ほしいものがあったのでたっ君店を閉めてから駆け足でトイザらスにやって
きました。通路から出てきた若いお母さんと
垂直にぶつかりそうになりました。
これも僕がおもちゃに囲まれて興奮状態のためまわりが
見えていなかったからです。
ただでさえ日本人男子の中でもかなり大柄な部類に入るたっ君が
普通の平均的な女性とぶつかったら大変なことになるところでした。
たっ君が相手の顔が見えた時点でとっさに
エアブレーキをかけたので激突は免れましたが相手の若いお母さんは
びっくりしていました。

なにがいいたいかというと
少し性格と知能に問題があるとはいえ大人のたっ君ですら
うっかり飛び出してしまうことがあるのです。
それより小さい子供ならなおさらでしょう。
どんなに親がしつけてもじっとしていられない子供だっています。
道具を使って子供の危険を避けることができるのなら
構わないと思います。

ただ自分がちゃんと子供を見ている自信があって使わないのもその人も選択、
心配だから使うと言うのもその人の選択、決して対立する問題ではないと思います。
いけないのはそれを使っていない人や小さな子供のいない人が
虐待に見えるだの犬みたいだの言って批判することです。
ある日突然あなたの運転している車の前にミサイルのように子供が飛び出してきたら
どう思いますか?
あるいはあなたが歩きスマホをして歩いているところに子供が飛び出してきてぶつかって子供が吹っ飛ばされたら
どうでしょうか?
スポンサーサイト




テーマ:日常の出来事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック