FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たとえ自分と違っていても
世間での日本人の世論は今回のロシアとトルコの問題は
圧倒的にロシアが悪い、という意見が多い。
僕はこういった問題はケンカ両成敗で今後二国間の首脳同士で会談して
決めてゆくのだから外野がまずはどっちかが一方的に悪いという
のはおかしいのである。そのうえでまずは人が死んでいるので
トルコ側から死者を出したロシア側に謝罪が必要なのではないかという
のが僕の意見だ。
だから別にトルコが悪いロシアが悪いどっちが悪いという議論は
したく、ない。


それなのに世間ではトルコ擁護が多数派ゆえに『いまだロシアの味方をするアホ』という表現を
SNSでぺらぺらとしゃべっている人がいる。
多数派でなければ、自分たちと同じ意見でなければ、アホと言う
思考停止の言葉を受け取りたくない。そこ重点な。

大体そういうことを言う人に限って今回のロシアのSu-24が落下した地点がシリア領土内だったということと
領空侵犯が17秒だったということ、F-16が都合よくそこに待機していたということがおかしい事に気づいていない。
それに前回言い忘れたがSu-24は戦闘攻撃機、F-16は純粋な戦闘機である。
当然F-16の方が圧倒的にスピードが速い。これは僕が以前からブログでしつこく言っているが
戦闘機というものは攻撃機や爆撃機と違って段違いで
足が速い。しかもその中でもF-16は旋回性スピード重視の機体である。
すぐに追いついてきてしまうF-16が常にスタンバイしているトルコの領空を
わざわざ足の遅い攻撃機が意図的に入ってくるだろうかと。
maxresdefault.jpg

確かにロシアはおそロシアという言葉があったりなにを考えているか
分からないところがあるし北方領土問題でもめてはいるし
トルコは日露戦争の頃からの親日国ではある。
しかし、それはそれ、これはこれである。
そして何よりもロシア側は死者を出している。
これを忘れてはならない。まずトルコは死者を出してしまったことをロシアに謝罪して
そこからお互いを0の状態にして落とし所を協議するべきだ。

たとえば僕は感情的には中国本土はそれほど好きではない。
でも目の前に日本人に暴行を受けている中国人がいたらもちろん中国人の方を助ける。

仲のいい友達が誰かのものを盗んで被害者が文句を言ってきたら
その友達を特別かばったりはしないだろう。

ある政治家や総理大臣がいてAという政策には賛成するが、Bという政策が
気に入らなければ正直にその面においては反対する。



それはそれ、これはこれ。
何かを判断するときに問題を細かく切りわけて考えられない人間が
何人だろうと非常に多いことか。

分かりやすい例を取ると
反日だから日本なんて嫌いだから日本のすることは何でもかんでも
反対してやる。日本人が暴行されたり強盗されても助けない。犯人の自国民をかばう
ような人達のことである。

日本人でもこういう人が意外に多い。○○人だから無条件に殴られて当然、
いじめられて当然という危険な考え方だ。

自分や仲間の情緒を切り分けて考えられなかったり
別々の問題をいっしょくたにして腹を立てたり批判するのは
なんともお粗末だ。またそれらの意見が多数決になった時
少数派の意見を出してくる人を叩こうとする。
僕はそれがめんどくさい。
こういう人は保守だろうとリベラルだろうと日本だろうとそれ以外だろうと
どこの国にもいてる。

今回、フランスが正面切ってテロの報復行為としてISISの施設を空爆に行ったのも
日本ではフランスの行為を批判する人の方が多かった。
だが普段はどちらかというと日本人の中では親イスラムの僕は
フランスの行動を支持した。
復讐は復讐しか連鎖しないというきれいごとよりもシリアにいる人たちが今まで有志連合の
空爆でフランスの同時多発テロ以上に亡くなっているのにそのことは無視しているという
綺麗ごとよりも僕は一刻も早くISISを叩かなければいけないこと、そうしなければ
さらに難民が増えて中東もヨーロッパもいろんなものが疲弊してお金もかかってしまう。
そのためには民間人のコラテラルダメージを気遣うためにも地上部隊の投入しかないと
僕は口を酸っぱくしてわめいているわけだがいまだアメリカもなにかをしぶっている。
やっていることといえば有志国だけでちまちまと空爆をしているだけである。
アメリカは地続きでないし移民が大量にバスでやってくることもないし土地も資力も食料もあるので
なんとかなる。だからしぶっているのだ。
ただ、シリアと地続きで中には資力も十分でない国も存在するヨーロッパはすでに
パンクしていて自国民が混乱している状態だ。一刻も早く何とかしたい。
そこでしびれを切らしたフランスが10月に最初のシリア空爆を行った。
これに対する報復としてパリの同時多発テロが起きている。
そしてフランスはシャルルドゴールにラファールさん達を乗せて正面からシリアを空爆している。
これが現在までの流れだ。
もうパンク寸前なんですよ、ヨーロッパは。
フランスはまだ裕福だけれど人口も少なくお金も少なく仕事も少ない小さな国は
移民の流入で混乱したり不安を抱えているんです。
それらを救うためにもやはりISISを攻撃することが僕は最優先事項だと思う。
できれば地上部隊を投入して重要人物の暗殺逮捕だけを行いたいのだけれど。


フランスが一方的に悪いのかそれともISISを全く封鎖できないシリアやイラクが悪いのか
誰の行動が正しくて間違っているのかは感じた人の数だけ意見がある
と思うし誰かが確実に正解していて誰かが各自に間違っているのではない。

それは先述のトルコが正しいロシアが正しいとどちらかが一方的に正しくてどちらかは確実に
間違っているとこの時点で決めつけるのは尚早なのと同じだ。
そしてそこに自分と反対の意見を持った人が現れたとしても『アホだ』と発言せずに
興味があればその理由を聞きだすもよし、理由や意見すら聞きたくないなら流せば
いいだけのこと。
どっちにしても公の場で自分と違うから多数の意見と違うから『アホだ』といきなり
言ってしまうのは乱暴ではないか。

スポンサーサイト




テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック