FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



とりあえずトルコはロシアに謝罪して下さい
僕らがISISのテロ活動に右往左往している間に別の問題が起きてしまいました。
トルコのF-16が領空に入ってきたロシアのSu-24を撃墜、2人いた乗員のうち1人は
パラシュートで落下中に地上から銃撃を受けて
死なせてしまったのです。
F-16は以前このブログでも紹介したので省きますがSu-24というのは2人乗りの
大型戦闘爆撃機で攻撃機的側面も持ちますからアメリカで言うところの
ホーネット姉さんのようなものですね。

事件はさらに救出に向かったロシアのヘリコプターも
迫撃砲を受けて乗員1人が死亡です。

詳しいことは皮肉なことに日本の朝日より
こちらの韓国の中央日報がうまくまとめています。

http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=208894&servcode=A00§code=A00

http://japanese.joins.com/article/895/208895.html


たっ君の個人的意見を言うとこれはまずトルコがロシアにすぐに謝罪するべきだと思います。
いきなり撃墜することはなかったでしょうに。
さらに救援に来たヘリも撃墜するなんておかしいと思います。
プーチン大統領はSu-24はシリア領空内を飛んでおり、トルコには
入ってきていないと主張しますが、もしそれがうそで本当にSu-24がトルコの
領空内に入ってきても警告くらいは最初にするでしょう。
それはどうだったのですか?
トルコ側は5分間に10回警告をしたと言っていますがそれが本当なら
ロシアが嘘をついていることになります。

Su-24にトルコからの警告の通信はないか調べることはできませんか?
もしそれがなかったら大変なことになりますよ。
いきなりトルコはロシアに宣戦布告をしたことになります。
もしトルコの言っていたことが本当でロシアが警告を無視して領空侵犯しても
この対応はないわーと僕は思います。

追加で訪れた救援ヘリの方はどうだったですか?
生存者はトルコからの警告を聞きましたか?
その時に自分達は生存者の救出に来ただけだと答えましたか?
うそはいけません。もちろん見たもの聞いたものを正直に答えてください。
Su-24の生存した副操縦士だけでなくて全員の生存者の質疑応答
をまとめて下さい。
誰かが嘘をついていたり全員で口裏を合わせても
絶対にどこかで辻褄があわなくなってきますから。


どっちにせよ今回の事故で先に謝るのはトルコだと思います。
そうすればロシアもこちらもまぎらわしいことをして悪かったと返事できます。

実際NATO側としてはすごく都合が悪いんですよね。
この記事にある通りSu-24がトルコの領空に入ってきたのは17秒、さらにSu-24が
撃墜されたのはシリア領空と言う分析結果が出てしまいました。
たった17秒の領空侵犯のために都合よくその場にF-16がいたのもおかしいですよね。
さらにロシアは『トルコがISISから石油を購入していると聞いているが本当か?』
という追い打ちをかけてきました。
これはロシアがトルコを揺さぶるための張ったりだと信じたいですがもし本当なら
これもふくめ調査しなければなりません。

現在事故の翌日ロシアは早速S-400という超でっかいSAMをトルコに向けて設置しました。
ちなみにこいつはパトリオットよりも射程距離が長いというとんでもない脅威です。

これが今日までの動きです。
ロシア側は『トルコと戦争をするわけじゃないから』と言っていますが
こちらもこの行動の速さに驚きです。
以前からロシアはトルコに対して不信感を持って準備していたのではと僕は
考えています。


昨日、僕がブログでヨーロッパでムスリムの移民が生活するには
差別やいじめを受けないためには同胞にテロや悪いことをする奴がいたら
遠慮なく突き出して絶対にかばわないこと、きちんと自分たちで自浄しなければ
その国の人から信用してもらえない、それが差別やいじめにつながる
と話したと思います。
だからトルコは同じ事をつきつけられています。
今回の事故のこともそうですが、今のトルコはあまり有志連合によるISISへの
空爆に積極的同意はしていません。
まるで同じモスクに通う誰かの中にテロを考えている人がいても
誰にも通報できないほったらかしにしている人のようです。

トルコは自分達がムスリム国ではあるがISISと何の関係もないこと、
ロシアのSu-24が17秒の領空侵犯をした間に都合よくF-16が
近くにいたのはシリアを空爆中のロシアの邪魔をするためではない、
ということをNATOの他の国に説明する義務があります。

112615.gif
スポンサーサイト




テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック