FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



自分のfacebookのために他人をだしに使うな
以前僕がネパールの大地震の遺体の写真をfacebookに投稿しているやつがいて
それをまた誰かがシェアして僕のウォールにはっ付けられるという
うきめにあって憤慨しているということを書いたと思う。
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-3436.html
あれは本当にもうショッキングたったし誰かに祈ってほしい事件を知ってほしいと求めるならば
文章だけでも建築物の倒壊写真だけでもかまわなかったと思う。
事件や事故を知ってほしいという気持ちは分かるので祈りましょうという投稿は
否定しないがだからといっていきなりはっきりとした遺体の写真をいきなりなんの
警告もなしに強引に見せてこようとする。

それと似たようなことが昨日もあった。
僕が見たのは奇形児(生存)の写真で、顔の右半分が真っ黒でぶつぶつしていておはぎのように
なっている。おそらく正常な方の頭も目は見えていないだろう。年齢は1歳半前後か。
この写真を投稿した人は若い女性だが
『目をそらさないで彼のために祈ってください。100万人の『アーメンを集めています』
とだけ書いていた。
また祈ってください(pray for○○)といってこんな写真をのせている。
しかもこの写真の子供はまだ生きている。目は見えていないだろうが
首から下は正常で座ることができている。
僕が1番頭に来たのはこの写真を投稿している人はこの写真に関して何の
詳細も書いていない。
彼のために祈ってほしいというが何の因果でどういった事故でこの子供が
こんなあんこのおはぎのような頭になってしまったのか何一つ書いていない。
よく見ると写真の中に撮影者の文字があったのでそのまま検索すると
どうやらウクライナの写真のようだ。
多分ウクライナと言うことは両親のいずれか子供のころにチェルノブイリで被爆して
成人してこの子供を産んだのだろうと思われる。
ようやく調べてそこまで分かった。
それ以外のことは何も分からない。
今回この写真を投稿して『祈ってください』と言っているやつはそれすらの
説明をしていない。ただ、100万人の分のアーメンを集めようとしているだけだ。

ところが悲しいことに多くの人がそれに賛同してアーメンをしていた。
一人だけ、僕と同意見を書いている女性がいた。
『あなたは彼の親戚か関係者?そうでなければこんな
ことはやめなさい。あなたが彼をかわいそうだと思うならあなたが
支援するなり金銭援助をしなさい。そうでなければこれは
ただの不幸の手紙めいたチェーンメールと変わらない!』
全くその通りだと思う。

祈ることならだれにでもできる。
だが誰かに祈られることで救われる人もいる。
そして祈り、という行為は誰にも批判できないしされてはいけない。

だからといってそれを悪用してはいけないと思うんだ。
この投稿した人はあきらかに被害者である子供の詳細も書かず何の説明もせず
苦しんでいる子供のショッキングな写真を乗せて
多くの人の注目と『アーメン』と言うだけのコメントを
集めたいだけである。
注目とコメントを集めることは否定はしないがだからと言って
誰かの遺体だったりショッキングな障害を持った誰かの写真を利用するのは
もってのほかだし批判されて当然である。
もしこの投稿をした人が『多くの人のアーメンを集めることができた。
自分はいいことをした』と思っているのなら僕はそいつの神経を理解に苦しむ。

いいことどころか周りに迷惑を掛けまくっている。
それはまず子供や心臓の弱いかもしれない人にいきなりショッキングな写真を
のせてしまったこと、
そして一番大切なのは自分が多くのコメントや注目を
もらうために写真の子供やその家族をだしに使ってしまったこと。

これがきっかけで多くの人がその子供に『アーメン』と言っても勝手に写真を使われ、
さらしものにされてしまっていいのかと僕は思う。
ましてや写真の子供はまだ生きている。これからも障害を抱えて生きて
いかなくてはならない。そんな子供を自分の一時の注目を集めたいコメントがほしい
あるいは自分がいい人だと思われたいという理由でさらしものに
するのは身勝手で決して許されることではない。
言葉あたりは『祈りましょう』なんて殊勝なことを言っているが電車で知らない人を勝手に
盗撮してtwitterに載せているバカと同じだ。
しかも自分はいいことをしたと勘違いをしているかもしれないから
さらにタチが悪いと思うし。
コメント欄でアーメンと書いた人もこの写真を投稿した人はいいことをしたと
思っているのだとしたら確実にだまされて
いる。そしてアーメンとコメントをした本人もこういう道徳のかけらもない投稿者を
増長させてしまっていることに他ならない。

112415.gif



スポンサーサイト




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック