FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



こども食堂の意義
西日本新聞で貧困や虐待で飯のない子供のために食事を提供する
『こども食堂』なるものがあることを取材していた。
http://www.nishinippon.co.jp/feature/tomorrow_to_children/article/206287
毎月最終日曜日に子供に300円で(絵をかいたら100円引き)カレーを提供
しているらしい。
内容よりもなによりもまずこのシステムは素晴らしいと思う。
貧困や虐待で飯が食えない子がいて食事の場を提供するという
意味ではこれ以上のアイディアはない。
こども食堂に救われている子供がたくさん存在
しているのなら運営してよかったと思う。

あとはもうちょっと食材を安く仕入れたり提供してくれるあてが必要なのと
調理や世話をするボランティアを増やすこと。
そうすればもう少し子供への負担金を下げられるのではないか。

ただ、もっと広い目で見れば問題もあって、
さっきも言ったように子供の負担金が払えないくらい最貧困の子供は
どうするのか。
実質200円すら払えない子供は。
あるいは虐待がひどすぎて家から出るのもままならない子。
親が見栄っ張りで貧困なのを知られたくないと子供をこども食堂に行かせない。
虐待がばれてしまうので子供をこども食堂に行かせない。
こういったパターンはどうなるのだろう。
彼らは最も助けられるべき最優先度の高い子供たちである。

これは女性の家庭内DVにも関係ある問題で
相談して下さい、助けを求めてください、といってもほぼ監禁されていて
逃げることも相談することもできずいためつけられる女性もいる。

実際虐待により監禁されて身動きが取れなくなっている子供(上は
大学生くらいまで)もいる。
これは決して少ない事例ではない。
そういった子供達はこども食堂に来ることができない。

虐待等で死亡したり後遺症を残してしまった子供はたいてい脱走できないような
監禁状態にあることが多い。

なぜ親がそんなことをするのか、は今ここに問題にするべきことではない。
問題にすべきなのは今ここに貧困や虐待で飯が食えない子供がいる
ということが事実なのだ。
貧困の問題は簡単に解決できないし虐待を繰り返すような親は
何を言っても心を入れ替えることもなければそのとき反省してもまた繰り返す
ようなパターンが多いので正直親の改善に期待しない方がいい。
優先度を考えるとまずは親や家を
どうにかするより
子供を保護するのがいいかもしれない。

親の根性を叩きなおすよりも先に子供が餓死したり病気になってしまう。
食えないと死ぬ、それは誰だって分かることだ。
最優先されるべきは常に命の危険があるものから順に助けて行くこと。
これは難民の選別と同じである。
本当に命の危険のある難民から順番に救済し、危険度が少ない
楽をしたい、一攫千金したい移民は後回しにするのと同じだ。



それでもこども食堂を開くことにより、そこへ集まった子供や親達が
『そういえば○○さんとこの子は…』
『最近外で見かけないけど…』
といって監禁されてもっとひどい虐待を受けていたりもっと貧困で困っている
子供のことや親の見栄で貧困がばれないように我慢させられている子供が話題に出るかもしれない。
そこで話題に出た子供のことが明るみになって助けられるという
可能性もある。


そして次に手を付けるべき問題は貧困家庭の生活レベルを改善することである。
国内でもこれほど子供の貧困が問題化してきているのに
移民を受け入れて雇用しようとしている政府は何を考えているのか。
こういうバカなことをやっているのは一部のヨーロッパも同じだと思う。
その国民が底辺の仕事をやりたがらないからだという。
やりたがらなければ最低賃金を上げたら希望者は増えると思う。
最低賃金を上げないでじゃあ安く働けるから移民や出稼ぎ外人を使いましょうと
いう考えでは結果国の首を絞めてますます自国民が貧困になる。
というのも移民や難民は確かに安い金で働いてもらえるが
その金を持って帰ったり祖国の親せきに送金してしまうからである。
これではますます日本から金が逃げていく。
待っているのは国民総貧困化だ。
これは日本でもヨーロッパでも同じこと。


国内の貧困対策は今後ますます問題になってくるだろうと思うけど
まずは生命の危機のあることから順に片付けて行かなければならないので
まずは食えない子供たちに飯を提供するという活動が始まったのは
評価すべきことではあると思う。


1111152.gif

0にすることはできなくても少人数ずつでも飢えた子供に飯を食わせることが
できたらそれはやらないよりやるべきだと思う。


…というかこれは民間がどうとかいうよりも本来国が大規模で
考えなければいけない問題では?

子供の貧困や虐待による飢餓については前にも書いているので
よかったら読んでね
http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-3609.html
スポンサーサイト




テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック