FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君が嫌だと思うことやめてほしいこと
昨日たっ君が出かけていて夜の7時過ぎに家に帰ってくるとたっ君ちの3mくらい向こう側で
道の真ん中で自転車がぼーっとあって動かないので
誰か具合でも悪くなっちゃったんだろうか声掛けようかと
しばらく観察していました。
そしたら僕がじーっと見てるのに気が付いてその自転車は動きだしました。
乗っていたのはスマホを見ていた男子高校生でした。
こんな暗い中で道の真ん中でスマホのゲーム化SNSをやるためにじーっと
道の真ん中で立ち止まっていたのでしょうか。
意外と狭くても車の良く通る住宅街の道ですので
車が通ったらどうするつもりだったのでしょう。

たとえば僕が車を運転していて青信号で普通に通っていても
スマホをいじっていた人が前を見ずに赤信号で飛び込んできたって
車は急に止まれませんしもし事故が起きたとしても
車が悪いということになるのですよ。
あるいは親がスマホをいじってて小さい子供から目を離して
それこそ撃ちっぱなしミサイルのようにその子供が
車の前に飛び出してきても車が悪いということになるのですよ。
『メビウス1インカミンミッソー!』
『イベイド!イベイド!(evade=回避しろ!回避しろ!)』
なんとかならないのでしょうか。

車は免許制度があるので逃げられないからちょっとしたことでも何でも厳罰化されますけど
自転車や歩行者は免許じゃないのでその場で止めて違反キップを切って
罰金なんてこともできません。
だからこそ調子こいてるのでしょう。

先日またトヨタの八嶋君がうちにやってきました。
八嶋君はここ1年で急に白髪が生えて来て顔が老けたような気がしますがまあいいでしょう。
八嶋君が来たのは車検済んだ?ちゃんと車検できてる?忘れてないかな?という
確認のためでした。
で、そのときにそういえば去年駐車してる俺の車こすられて
びっくりしたよなー、あのときは八嶋君の店で世話になったなー
と話していたら最近やっぱりあて逃げやこすったが増えているけど
中でも1番多いのが車を運転しながらスマホをやってて追突してしまうというパターンですと
八嶋君は説明してた。
何それ怖い!
僕が運転中にスマホいじってる知らない車が追突したら?
もちろん相手の車も逃げられないから当て逃げはできないですけどもねと
八嶋君は言ってたけど
たとえ相手が100%悪くても自分の車が修理中は使えないという心理的ストレスは
半端ないよ。

どうしてそんなにスマホに夢中なの?

たっ君はガラケーからスマホになってから携帯依存時間がぐっと減りました。
だってタッチパネル嫌いだもん。
SNSもそれほど夢中にはなれないし
ゲームもスマホの物は最近星葬ドラグニルを始めたくらい。
それも依存するほどおもしろいわけでもなく、あくまでなんとなくやってるだけ。
むしろ携帯ゲームはガラケーのFF7BCの方が夢中だった。
もともとゲームはコンシューマばっかりだけど。
だからそんなにスマホに夢中になっていないたっ君です。
電車の中も3DS開くし。

でもたっ君がそうでも世間の人はやっぱりスマホ大好きなので
なんらかの交通安全上の規制ほしいね。
それなのに世間には自転車にスマホをひっ付ける道具まで発売されてるし。
まずこういうグッズを生産販売することから取り締まらないと
だめでしょ。
102415.gif

スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック