FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ケルン市長選その後と難民となんちゃって難民
ケルンの市長選ですが続報です。
移民優遇政策を掲げるケルン市長選の最有力候補が選挙前日に
刺されるという事件がありましたが選挙は結局その刺された候補者が
予定通り当選、刺された場所は首だったらしいけど本人はピンピンしているらしい。

…結局この事件の犯人は無駄骨でしたね。
むかついた相手を殺すこともできず致命的ダメージを与えることもできなかったし
何よりそいつが当選してしまうし。

だから言ったでしょう。どんなにむかつく政策を掲げていても
相手を殴ったり殺したり殺害予告をしてはいけないしやっても無駄だってこと。

僕がこのニュースをずっと追いかけているのはフランスがシリアからの移民を防ぐために
なんとかシリアの現政権にがんばってもらいたいと
シリアのISISの施設の空爆をスタートしたことがきっかけで
そんなに今ヨーロッパはシリア難民の移動で困っているのかと衝撃を受けたこと。
同時にドイツが難民の受け入れをスタートしたのが最大の驚きだったこと。
だからこのニュースにはとても意識が向かうのです。

一昨日も『自分がいい人でいたいとか見栄のために自分の国民に我慢を
させてはいけない』と僕は強く言ったと思います。
今のドイツのやっていることは…僕は間違っていると思います。
誰かが受け入れなければいけない難民ですが
自分の国民を我慢させてまでやることではないと思います。

そうこうしている間に週末に悲しい事件が起きてしまいました。
シリアからトルコを通ってドイツに向かう途中ブルガリアに不法入国した難民に警官が威嚇射撃をして
流れ弾が難民に当たって死亡させました。
僕はこの事件を聞いて誰も得をしないと思いました。
亡くなった人もかわいそうだし一緒にいた難民もショックだし
なによりも威嚇で発砲した警官も殺すつもりはないからショックだろうし
いきなり不法入国してきた人がいたらブルガリア人もびっくりするだろうし
誰も浮かばれません。

先日僕もブログで書きましたが現在ハンガリーでは難民が入ってくるのを防ぐため
トルコなど周辺国に協力を要請して難民をふるいにかける検問所を作っています。
同時にハンガリーは現在セルビアとクロアチアの国境を封鎖しています。
まだまだ増えるかもしれません。
で、ハンガリーがクロアチアとの国境を封鎖してしまったのでこのままハンガリーを通過して
ドイツに行けると思っていたシリア難民はクロアチアに滞留してしまいます。
そうなるとあまり大きくないクロアチアはすぐにパンクしますので隣国のスロベニア
に助けを求めました。今クロアチアにいるシリア難民をスロベニアに移動させるのです。
そこからぐるっと迂回してオーストリア経由でドイツに入ります。

いまのところクロアチアとスロベニアは通過するだけならシリア移民の滞在を許可しています。
でも現地のクロアチア人とスロベニア人はそれで納得しますかね。
正規のルートでバスや列車で移動しているならともかく
ブルガリアのように不法に越境してまたこんな発砲事件があったら国民は怒ると思います。

僕が1番言いたいのは今回ドイツが大声で移民難民受け入れマス!
なんて騒いだばかりにドイツ国民だけじゃなくて周辺国にも多大な迷惑をかけているという
のです。
クロアチアもスロベニアもドイツに比べたら人間も少ない国土も少ないです。
そこへ大量の難民がぞろぞろ入り込んだらパンクするのは目に見えています。

難民も踏んだり蹴ったりです。命からがら逃げてきて威嚇射撃で死にましたなんて
かわいそうすぎます。
元はと言えばドイツが受け入れマスなどとこんなに騒がなければドイツ国民も不安や混乱はなかったし
周辺国も迷惑がかからなかったし難民だって命の危険を冒してまで
こんな大移動をする必要もないのです。
いうなればドイツの慈愛に見せかけた見栄によって
大勢の人を巻き込んでしまってみんながみんな被害者になってしまいました。
さすが垂直尾翼をはめ込む穴がガタガタでパイロンのねじが新品なのにぶっ壊れている
トンデモファイターを作る国でもあります。
ん?誰が?ランチサラダのチキンだって?(まだ気にしている)


ええっ?ドイツもパンクしそうだから移民の受け入れはもうストップする?
なーんて言わないですよねっ。
angelic prettyのご予約受付じゃないんだから枠がいっぱいになったからと言って
ストップなんてしたらすでに移動している難民はどうなりますか?
行き場を失うか、周辺国にいついてしまいますよね。
難民だってお金と体力を使ってここまで移動してきているんだからいまさら身動きとれないですよ。
周辺国は言い分としてそもそもいいだしっぺはドイツなんだからそっちで責任とって下さいよって
ことになるでしょう。そうなったらドイツの国民はあったまきますよね。

だーれもね、得をしないんですよ。

こんなことならフランスみたいにもとは仲が悪くてもとりあえずシリアの現政権に
がんばってもらってシリア人が難民にならないようにISISの施設を空爆
した方が正しいやり方なのではないかなーとふと考えたりもします。
もちろんリスクも大きいし民間人を巻き込む確率の高い空爆がかならずしも賢い
やり方だとは思っていないですけど。

いったいどうすればいいんでしょうねぇ。
シリア人も周辺国の国民もドイツの国民も困らない方法は
どこかに落ちてないでしょうか。

さてこの文章を書いているたっ君がなんでこんなに熱くなってるかと言うと
他人事ではないんですよ!実は!
シリア人とは限らないけど難民が大量にあなたの街にきたらどうしますか?

というのも。昨日のニュースで働きながら技術を学ぶ『外国人技能実習制度』
で来日した外国人が実習先から失踪してそのまま難民申請する
というのが去年で400人ほどいたらしいです。
記事はここにあります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151018/k10010274301000.html

もうお分かりでしょう。この人たちは難民ではありません。
なんちゃって難民です。
日本で稼ぐために難民申請をして日本でアルバイトをして
稼いだお金を持って本国に帰るのです。

本国に帰る?難民なのに?
難民と言うのはその国にいると命の危険があって住めないから
こっちの国に来たんでしょう。
なんで帰る必要があるの?帰らなくていいし自分の捨てた国に
送金する必要もないはずだ。
もうこの辺からしておかしいです。

今のところ日本は島国ですし、紛争地域ではありませんので陸続きで
本当の難民が大量に来ることはほとんど考えられません。
だから難民申請しているのはこういう不埒ななんちゃって難民なのですよ。
おそらくこういう不埒なビジネスモデルが相手国にはあるのではないかと僕はにらんでいます。

こういう不埒な輩があなたの街にも大量にいたら?
しかもそういうウソツキをするようなやつらですから自分の思い通りに
お金が手に入らなかったら悪さをするかもしれません。
ブルガリアの威嚇発砲のような事件が日本でも起きるかも。
そんな事件が起こってしまったら全員が被害者です。
だから僕ははっきり言います。不埒なウソツキおおどろぼうは嫌です。嫌悪します。
たっ君のM61A2を食らいたくなければまじめに研修先で勉強して下さい。
真面目に勉強する外国人なら攻撃はしません。
むしろ分からないことがあったら俺に聞けよとか友好的に接すると思います。
生活費のために吉野家でバイトする程度だったらいいと思います。
でも難民とウソをついてまで荒稼ぎしてそのお金をそっくり自分の国に
持っていくならたっ君は許しません。

日本はアメリカと違って資源も食べ物(自給力の話です)も土地も潤沢ではありません。
アメリカのように移民を迎えて国を発展させるやり方は日本では無理です。
夢と希望とお金をもとめてひと旗あげにきた外国人を
たべさせるだけの資力はありません。
それはヨーロッパの国だって同じことなんです。
たった206万人しかいないスロベニアの人だって今の混乱に多分不安を抱えています。
102015.gif

悲しいけれどできるだけ移民や難民の流入や移動は防がなくてはなりません。
他に方法はないのです。
スポンサーサイト




テーマ:このたわけ者ッ!! - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック