FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君名指しされる
たっ君は自分のことをラプターにトランスフォームするトランスフォーマーだと思い込んでいます。
(以前はF-15でしたけど)
これっておかしいですよねー,はははと自虐的にコンサルタントの先生に話すと
真顔で『いや!おかしくない』と否定されました。
というのは先生も体を張った大きな仕事や勇気のいる仕事のときには自分のことを
ジャンプとかの主人公になった気分で取り組むそうです。
どんなキャラ?と聞いたら『北斗の拳とか…』といったので先生の年齢を
感じてしまいました。
人間ピンチや勇気のいるときはそうやって自分をヒーローだと思いこんで頑張るしかないんですよ。
まぁたっ君はデストロン(ディセプティコン)だからヒーローではないし人間ですらないんですが。

まぁそれはいいとして今月買ったbabyやprettyのビニールを開封してにやにやしていると
こんなニュースが入ってきました。

『「F-22」は超絶加速「PL-10」の餌食、「早期警戒機狩り」なら「PL-15」の出番』
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20151016/Searchina_20151016110.html

な,なんですかPL-15とPL-10って。
要するに戦闘機が装備している空対空ミサイル,たっ君がいつもデフォルトで
ジャンパースカートのポケットやエプロンのポケットに入れているアムラームやサイドワインダーのようなものですね。
中国が独自に空対空ミサイルを開発したと。
それは別に珍しくもないんですが…僕が嫌な気持ちになったのは
中国の記事でははっきりと『F22』を餌食にする,と名指しで指定していることなんです。
どうしてF22?
F35でもなくユーロファイターでもなくフランカーでもなくF2でもなくどうしてF22を指名したの?
しかも餌食にするとか狩りという表現が怖い!怖すぎるよ!
臨戦態勢でもないのにどうしてこういう言い方するの?
これを読んでいる人はそれほど親しくないけど別に喧嘩をしているわけでもない相手から
突然名指しで
『お前をぶちのめしてやるぞ!』
と宣言されることを想像して下さい。
もしこっちの方が武装が上だったとしてもいきなりけんか中でもない人から名指しで
『ぶちのめしてやるぞ!』
と言われたらびびりますよね。
101715.gif

この記事を読んだ人はこの中国の空対空ミサイルは速度マッハ4を重視するために
旋回性や射程を犠牲にしている。
いくら速度があってもステルス機のF22の姿をとらえることは
不可能だし,その前にF22のレーダーが相手を感知してアムラームを
発射するのがオチだ,と言っています。
確かにその通りです。
そもそもたっ君のビークルモードの体はドッグファイトを想定して作られていません。
敵のレーダーに映ることなく敵よりも先に相手を発見して先制でミサイル発射して
早々に退避することを想定して作られています。
これがメーカーがF22につけたキャッチフレーズでもある『first look first shot first kill』です。
つまりPLなにがしが、射程を犠牲にしてマッハ4ミサイルを作ったところでその射程内に
たっ君が入ってこなければ何の意味もないのです!
この記事ではサイドワインダーがマッハ2.5だからPL10はそれより速い!と語っていますが
この記事を書いた人はたっ君のangelic pretty社製のジャンパースカートのポケット(ウェポンベイ)
のデフォルト装備のアムラーム6本をお忘れですね!
(prettyのお洋服を着ているロリータさんならご存知ですがprettyのジャンパースカートには
ポケットが付いています)
たっ君のポケットに入っているのはC型ですから
こいつは飛翔速度はマッハ4で射程距離は50kmほどで相手のどてっぱらめがけて突っ込んでいきます。
というかわざわざ誘導ミサイル使わなくてもそもそも向こうはこちらを先にとらえることはまず不可能ですので
撃ちっぱなしのマッハ2.5のサイドワインダーでも十分間に合います。
この記事でもPL10はサイドワインダーより航続距離が短いことを認めています。
そもそもステルス機同士でドッグファイトを想定するというのが間違っているのです。
ステルス機同士の戦いはかくれんぼであって鬼ごっこではありません。
いかに上手に隠れて離れた位置から相手を叩くかです。お互いの姿が見えている状態で
足の速さを競って追っかけっこをするものではありません。
それともこの間話していた旋回すらできそうにないマッハ5の戦闘機なのか弾道ミサイル
に人間を乗っけただけの何かにそのPL10を積みこんで追いかけてくるというのですか?
どっちにしてもレーダー反射断面積が0.0001㎡しかないたっ君がフラフラ飛んでいても
そちらのレーダーには昆虫か紙切れ程度なのでまず飛行機として感知されないですよ。




でも。
僕が怖がっているのはミサイルの性能ではありません。
さっきも言いましたがF22を名指しで指定したことです。
別に戦争をしているわけではない相手国の特定の飛行機を指名して
撃ち落としてやるぞ!と記事にのせる神経が分かりません。
とても怖いです。
その反面中国はこのたびF22の下半身と主翼部分を作ったボーイングから
大量に小型の旅客機を購入しています。

しかも近々ボーイングの工場を中国に建てるとか。
アメリカ企業と中国はものすごく今密接に寄っているような気がしますが
本当にこれでいいのでしょうか。
F22の部品を作った会社から大量の航空機を購入して工場を建てる約束までして
その反面ではF22を餌食にするミサイルを作ったぞ!と名指しで発表しています。
おかしくないですか?おかしいですよね?
アメリカ国民はそれらを怖くはないですか?

たっ君は別に中国のことを個人的に嫌っているわけではありません。
taobaoで買い物をしますし中国人経営の店で多いときは週に一度食事をします。
だけどよく分からないから怖いのです。
多分これが名指しした飛行機がF35だったらこんなにびびらなかったです。
はっきりとF22とたっ君を御指名したからよけい気になってしまいました。
しかも餌食とか狩りとかいう表現,ふつうじゃない!

かと思えばその後もう一つ別のニュースが入って来て
日本のステルスの実験機が年明け1月にも初飛行するそうです。
これだけ時間をかけて作って来たのだからゆくゆくは実戦配備に想定されているはず
という声もあります。
ボディは14.2mとたっ君より1周りは小さめ。
日本人の後輩かー。楽しみだな。もし実用化されたら一緒に並走して飛びたいな!
スポンサーサイト




テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック