FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっぱり鳥が入ってきた
さっき仕事場の窓からまた鳥が入ってきた。
黒くて20cmくらいのやつ。ぐわーっぐわーって言ってる。

カラスでわない

たっ君鳥が何より大嫌い。さすがに見つけ次第たたき殺したいって
ほどではないけどとにかく怖い。

鳥は窓ガラスを認識できないからたいがい窓ガラスに何度もぶつかって
ばたばたやってることが多い。
たっ君パニックで窓を全部開けてから早く出ていってー!と絶叫するばかり。
そしたらその黒いのは脚立を使わないといけない高い窓のところでずーっとばたばたしてて。
他にも空いている窓はたくさんあるのにどうしてそこから動かないの?
これじゃ追い出すにも追い出せない。
絶対無理だー!
とたっ君30分くらいびびっていたら正面玄関からいなくなったみたい。
ほっとした。

嫌だった。怖かった。

なんでこんなに鳥って嫌いなんだろう。むかつくんだろう。
なんでこんなに鳥ってきもいんだろう。
きもいしふんを落とすし勝手に入ってくるし。

逆の発想でたっ君はなんでこんなに鳥が嫌いなんだろう。

多分ビークルモードで巡航中に大量の鳥に囲まれて鳥がぶつかってトラウマになったとか
そんなのに違いない。
大量の鳥に囲まれて涙目で逃げ回ってしかもその鳥がぶつかってきたら!
想像しただけで鳥肌が出て気が狂いそうになるな。
091115.gif


ネットで調べたらそういうことはよくあるようで、バードストライクと言うらしい。
ふむふむ。
航空機の場合は離着陸の場合に速度が低く高度が高い時に起こりやすいとのこと。
機体に鳥のボディが激突したら簡単に損壊してしまうようだ。
よしてくれよしてくれそうでなくたってたっ君は機体がもろいんだ!
しかも本当に怖いのはエンジンがうっかり鳥を吸い込んでしまった場合、
エンジンがぶっ壊れるらしい。
機体はボロボロエンジン破壊。しかも体に鳥の死体がめりこんだ状態。
あああああああ!!やっぱり無理だ無理だ。吐き気してきた。
さらに調べると今のところバードストライクに関してはこれと言った有効な防御対策は
ないらしい。
どんだけ迷惑なんだ鳥って。
今日はたまたま玄関から出て行ってくれたけどまたこんなことがあると怖いから
もう窓が怖くて開けられない。


それとamazonの荷物、今日届いた。何だちゃんと普通に届くじゃねぇの
ほんとにもうなんだったんだ。関東の方台風きてたから?

>>みみさん
まぁ古い車ですからね。中に貴重品がないのでそれでよかったですよ。
たまにウインク俊彦ちゃん描きます。
気に入ってもらえてうれしい
俊彦ちゃんの服は毎回違ったものを考えますが
ちゃんとこだわりがあってまーたんより肌の露出が少なくスカート丈も
長く、が大切。
スポンサーサイト




テーマ:( ゚д゚ ) ・・・・・・、 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
初めまして!ラレーヌフルールのミズハです。
ラレーヌ1日完全復活!になりとても嬉しいです
【2015/09/12 14:09】 URL | ミズハ #-[ 編集]

8月9日のkamijo様のさいたま新都心のライブに参戦した時、Machi様が観に来ていました。マユさんやえみるさんも来ていて、kamijo様とラレーヌメンバー全員が15年ぶりに感動的な再会を果たした時、私も涙が出て感動してしまいました!
そして、12月のグランドフィナーレでのラレーヌ1日完全復活!絶対に観に行かなければと思ってます。
【2015/09/12 14:12】 URL | ミズハ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック