FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君京都水族館に訪問 海獣編
と言うことでメーカーを出た後シェーキーズでランチバイキングを食べてそこからJRに乗って
京都水族館へ行きました。
シェーキーズを出たのが5時ごろですが,京都水族館は8時までの営業ですので
ゆっくり楽しめます。
僕は正直,内陸部に水族館をつくるなんて!という思いがありました。
京都は北に天橋立がありますが,水族館のある近辺は内陸部で
正直こんなところにイルカやオットセイを生活させるのはどうかな?と思いました。
新鮮な海水はどうやって運ばれるのでしょう。
今まで僕が見てきた須磨水族園,鴨川シーワールド,名古屋港水族館,
城崎マリンワールド,八景島シーパラダイスみんな周りを海に囲まれています。
そしてやはりイルカ類のいる水族館は外洋とイルカのプールがリンクしていて
いつでも清潔な海水の交換ができます。
それを内陸でできるのでしょうか?
たっ君はそんな思いでやってきました。
入り口ゲートにいるのはオオサンショウウオ達
彼らはとても大きな体をしているのに水槽が小さいように思えました。
CIMG9562.jpg

CIMG9563.jpg


オットセイのディナータイムです。
CIMG9566.jpg
よく,オットセイとアシカとアザラシの区別を聞かれるのですが
僕も専門がいなので何とも。
とりあえずアザラシはアザラシ科でオットセイとアシカはアシカ科です。
んで,アザラシは首がなくてずんぐりしているのと顔に耳がないのです。
耳の穴は開いてるけど耳の形がない。
オットセイとアシカはたっ君は遠目じゃ見わけがつきませんが
たっ君は後ろ脚を見ます。
オットセイのうしろあしの指は全部長さが同じですが,
アシカは人間みたいに斜めになってます。
この写真の子は後ろ足の指の長さが同じなのでオットセイです。多分。
あと,アシカの方が鼻がでかいです。
CIMG9570.jpg


ゴマフアザラシ。
CIMG9573.jpg

珍しい海藻
CIMG9583.jpg


CIMG9589.jpg
このもちもちしたへんなのはクラゲです。


水族館そのものは規模は小さいですし展示物も少ないですが,
目についたのは常にこまめにダイバーがプールの中を清掃していること。
これは僕が危惧していたことと関係ありますね。
新鮮な海水をすぐに入れられないからどうしてもプールの中に
汚れがたまります。
プールが汚れれば動物達も病気になる。
だからこまめな掃除が大事なんです。
磯のプールもスタッフが専用の掃除機で水を洗っていました。
スポンサーサイト




テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック