FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君小説を書く?
右下唇の内側に口内炎はできるわ全身にかゆいのができるわ
今度は左側上唇の外側におできができるわ
まったくろくなことがねぇな。
最近ピアスの炎症の激痛が治ったところだってのに。

というわけでたっ君と
ままごとする者このゆびとーまれ。
CIMG9359.jpg

CIMG9360.jpg
ひさしぶりにおりょうりつくったぞ。
どうかな?

ままごとはあとかたづけがめんどくさい。
こなぷんはもっとめんどくさい。

よくfacbookの外人からなんでお前の写真はおもちゃや人形の
写真しかないの?って聞かれるけど
ダイレクトに答えるとそれしか遊びを知らなかったから。

子供の頃はゲームを一切買ってもらえない環境で育った。
ビックリマンもポケモンもそんなに興味がなかった。
字を読むのが好きじゃないからマンガも執着しなくて。
運動も水泳以外は嫌いだったからできることと言ったら
限られてくるわけで。
絵を描くかおもちゃで遊んでるしかなかったなぁ。

それがそのまま大人になっても同じような遊びしかできないと言うのと
あとはゲームを買ってもらえなかった反動で立派なFPS廃人に成長した。


ところで今日はちょっとびっくりだったことがあったのです!
たっ君はこの広いネットで別名義でとあるアニメのパロディ小説を書いています。
サイトはもう6年くらい放置しています。小説書くのってすごくエネルギーがかかるから。
挿絵が同じだからもうばれている人はばれているかもしれませんが。
そのアニメが新シリーズが始まったのですが,
すごい偶然が2個ありました。

たっ君はその小説は6年くらい前に書いていたのですが,
その1
たっ君だけのオリジナル設定で
『●というキャラクター(公式で兄と死別)が兄に買ってもらった
神社のお守りを首に肌身離さず身につけている。ラストでお守りから
光があらわれて死んだ兄が登場』
というシーンを書きました。

そしたら公式の新シリーズでその●がネックレスらしきもの(それまで
のシリーズではネックレスなんて付けていない)を付けていて
それが兄の形見らしくしかもホログラムのように兄が登場
というシーンが出てきました。

その2
たっ君のオリジナル設定&番外小説で
『Dというやくざキャラが仲のいいキャバ嬢(家族持ち)がいていろいろ
面倒を見てやっている』
と書きました。

そしたら公式の新シリーズでDが花屋の娘が気になるらしく
面倒を見てやっている,のですが僕の書いた小説のキャバ嬢と
公式の花屋の娘の名前が三文字で最後の一文字違いでほぼ同じ名前。




……?



こじつけかもしれません,思い違いかもしれません。
でも僕はとても嬉しいのです。
もかしたら公式に関わる人達がどこかで僕の小説やイラストを
ファンアートとして見てくれているのかもしれません!
僕は思わず興奮しましたよ。
誰かが見てくれてるって言うのが嬉しくってね。

どうしましょう。
たっ君6年ぶりくらいにまた小説書こうかな。
でもたっ君が自分の小説で主役にしているCという男性キャラが
新シリーズのアニメではなんか頭がおかしくなって敵方に操られてるし
ヒロインA子に至ってはさっそく敵に串刺しにされて生きてるか死んでるか
分からない状態なんですが。(ちなみにA子は公式のアニメで2回死んでいます)
もともと僕は恋愛ものは恥ずかしいのでかきたくないですが
やはり主人公のC氏とヒロインのA子の動きを中心にときどきA子を妹の様に
面倒をみるやくざもののD,そしてそんな彼らを優しく見守る病弱なS氏とか
C氏の親友のM君とかをいろいろ書くのがたのしいのでみんなのお姫様であるA子がそうそうに
いなくなると男ばかりのむさくるしい武侠小説になってしまいます。
すでにこれまでのシリーズでもA子は2回殺されてますしね。
原作者はA子になんのうらみがあるのでしょうかってくらい殺されるのが
僕は子供の頃から納得いきませんでした。
原作者は美少女になにかうらみでも…
というかA子が早々に殺された時点で僕は小説を書く書かない以前に
このアニメに華がなくなりそうな気がしてきました。
できれば復活希望です。
翠星石がラストで復活したときのように復活してC氏のもとへ帰してあげたい。
僕は子供のときからC氏のファンで大人になったらC氏みたいな
知的なイケメンになりたいと思っていました。現実は正反対ですけど。
そんなC氏はアニメでも早く正気を取り戻してほしいです。まだ本当に
頭がおかしくなっているのか頭がおかしいふりをしているかは分からないです。
どっちかというとアニメ当初から知性派として描かれていますし。

でも,上記の2つの偶然の一致かもしれないですが
これってすごく嬉しいことですよ。どうしよう,新作書きたい。
書けばまた昔読んでくれていた人達がまた来てくれるかなぁ。
どうしよう?とりあえず頭のおかしくなって敵に取り込まれた主人公C氏と
串刺しにされたまま
さらわれてしまったA子が気になって仕方ありません。
でも公式のアニメではA子と敵方のボス(きざっぽいやつ)が対峙した時
A子はそいつの名前を知っているような態度でした。ということはこれは
何かの伏線ですから,A子復活は期待していいってことですよね?
もしそうなら僕は喜んでまた小説を書くと思います。

確かに僕が書いていると言ってもしょせんは二次創作なのですから
全ての権利は原作者や製作会社,それとおもちゃのメーカーにあります。
でも僕だって自分なりのC氏やA子を育てて書いていたつもりです。
僕の頭に今あるのは再びC氏とA子を帰ってこさせたいという気持ちです。
どうでしょうか。
また僕は新作を書くべきなのかなと考えています。
それくらい今回の僕の小説と公式の新作アニメの偶然の一致?が
嬉しかったんです。

でも小説作るのって絵をかいたりフォトドラマ考えるのより
ずーっとエネルギーがかかるんですよ。
現にサイトだって6年くらい放置している。
そこでなのですが,もし僕が新作を書くことがあれば
一部をこのサイトやブログからリンクしてもいいかななんて考えてます。
そしたら続きを書くのをさぼったりしないでしょうし。
どうしようかな?
とりあえず公式のアニメのC氏とA子の動向を見なれば何とも言えません。
オォウ…A子…
ちなみにA子役の声優さんはこのアニメのシリーズが初代のときから
同じ声優さんがやっているのですが,この人,トランスフォーマーに
レギュラーで出てたことがあるのです。
それとC氏の初代声優さんはごく最近に亡くなりました。
これを言うとC氏は分からない人が多いかも,でもA子は誰のことか
ばればれかも知んないですね。
スポンサーサイト




テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック