FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



お兄ちゃんがKの追悼動画を作りました
19日がKの命日だったので,(正確な命日は分からないんですよね)
お兄ちゃんがKの追悼動画を作りました。

曲のセレクトはKのお気に入りだった the prophetで。
moi-dix-moisらしい僕もliveで聞くのが好きな曲でした。


この動画を作ったお兄ちゃんからのメッセージで,最後に一言
『まだ、どうしてもKメモリアル映像を気持ち的に見れないという方は
自分のタイミングでよいと思います。』
と書いていて僕はお兄ちゃんのその優しさにありがとうと思います。

なんでかというと1年前,Kの追悼liveをやるときにお兄ちゃんが
『Moi dix MoisのKを愛している皆には、
是非とも会場に足を運んでもらえたらと思う。
目の前の現実を見るのが怖いと思う方もいらっしゃると思います。
でも、現実を受け止めないと前には進めないと思います。』
と書いていたのに。

僕はもともとKamiファンだったから今のKファンの子たちの気持ちが
死ぬほどよく分かります。
お兄ちゃんの方がつらいのは分かってるけどそれでもつらいものはつらいんだ。
だって4人のmoi-dix-moisを見てしまうと,そこにKがいないのを認めることになるから。
かつての僕が3人のmalice mizerを見てしまうと,そこにKamiがいないのを認めることになるのと
同じで。
だからKの追悼動画も見るのが怖いのは普通のことだよ。
実際僕はKamiの追悼特集の雑誌は1冊も持っていない。あちこちの雑誌で特集を組んでいたけど
それを見てしまうとKamiがいないことを僕が認めることになるからね。
KamiのメモリアルCD+ビデオの神話はすぐに買ったけど,やっぱり最初はビデオを見るより
CDの方を先に聴いた。
そしたら悲しい曲とかじゃなくてKamiらしい,それは言い方によってはあまりmalice mizer
らしくないポップな明るい曲たちで。それでこれならビデオを見ても大丈夫だなと見ることができた。

その頃から僕はALFEEを知ってその翌年から少しずつALFEEと付き合いを始めた。
そこから僕は俊彦ちゃんの治療を受けるようになった。
その後でKlahaが入ってきてそれと同時にまたmalice mizerの新しい曲も
聞けるようになったんだもの。
ねぇ,信じられるかい?僕があんなに避けていた『再会の血と薔薇』のお兄ちゃん
のコスプレをするようになったんだよ?
ある日突然,これ,俺が着てもいいんじゃねぇか?と思った。

何の話か分からなくなったけど本気で好きだったなら何年たっても苦しくて当然。
僕だってここまで立ち直るのに最低10年はかかってる。
時間は戻せない,生きている以上は少しでも前に進まないといけない,
そんなの分かってる。
ただ,無理に自分をいじめる必要はないんじゃないかな。
つらければ,怖ければ,今は見なくていいと思う。
そういう子たちのために『つらければ今は無理に見なくてもいい』と
一声かけてくれたお兄ちゃんはやっぱり立派だと思うな。
その優しさに僕は感謝するしかないです。
やっぱりお兄ちゃんは口数が少ないし多くは語らないけどめちゃくちゃ
懐の深い男なんだ。
だからお兄ちゃんの受け売りになっちゃうけど,僕も
Kのことを好きだった子で今もつらくて怖くて見れない人は
今は急いで見なくてもいいと思います。
kmemorial.gif
スポンサーサイト




テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック