fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



babyのこと
babyの通販を利用してちょこちょこっと買い物したのはいいんだけど
お金振り込んだのに全然発送メールが来ないからどうしたのかなと思ったら
今日届きました。

そういえば何年か前に受注生産のワンピースを予約した時も
ある日突然荷物が来たね。

普段は通販利用しないで地元のbabyか大阪店に行くんだけど
たまたまサイトでこれは絶対外せない!と思ったのがあって翌朝地元のbabyまで
自転車かっ飛ばして行って店頭分がなかったらむかつくので
そのまま通販で購入しました。
そしたらたっ君の欲しいのはこの色ではラスト1だったらしくたっ君がカートに入れると
自動的に売り切れになりました。危なかったー。

最近たっ君またBABY寄りになってるんですよ。
もう5年近くprettyばっかりだったのに。
というのも今年入ってからbabyが原点回帰したというか
かつてロリータが全盛期だった90年代から00年代ぽいデザインの服を出すように
なったんですね。
2005年くらいまではbabyってすごいいい物作ってたんですよ。
ロリータブランドの中で1番老舗ですしね。(あ,ミルクとジェーン・マープルは
僕はロリータに含めません)
僕が10台の頃,初めてKERAを読んでbabyの広告を見て,
『わぁ!世の中にはこんなにかわいい服があるんだ!信じられない!』
と感動したのです。
その当時はbabyの直営店が関西にはなくて,マリアテレサというセレクトショップが
あってそこで少しずつ買っていました。
で,babyの直営店が大阪にできた時の感動は今でも覚えていますよ。
その頃はまだね,本当にbabyの服は本当に絵本や昭和の少女漫画のような
夢のようなお洋服ばかり作っていました。
ところが,だんだん世間でロリータ人口が増えて来て普通の人でも着やすい
デザインや模様のものが増えてきました。
これはbabyに限らず全てのロリータブランドに起こったムーブメントです。
それまでロリータブランドといえば大体生地は無地ばかりの代わりにデザインがどれも
手間がかかっていてレースが何重にもついていたり,フリルが何段にもなっていたり
とても豪華なものでした。
それが毎回コーディネートの難しい柄ものばかりになり,生地も薄く,デザインは
毎回同じ型紙を使っているのじゃないかというくらい変わり映えがせず
レースもお情け程度にちょびっと。
そして頭はそれまではヘッドドレスが主流だったのに何のひねりもない面白くもない
リボンカチューシャが主流となりました。
今でもたっ君はリボンカチューシャが好きではありません。
本来ボンネットとドレスハットとカンカン
が好きなたっ君は実はヘッドドレスもそれほど好きではありませんでしたが
リボンカチューシャよりはましでした。
言い方が変ですが,そうなることでそれまで中性的なかわいらしさを売りにしていた
ロリータがどちらかというと女の子らしいものになってしまいました。
モデルもそれまでV系のバンドマンを使っていたところもありましたが
いつの間にか読者モデルの女の子を使うようになりました。
この変化はすべてのロリータブランドに言えることです。
もともと女々しいものが好きではない僕は
すっかりそれがつまらなくなってしまい,以前の様に頻繁に
お洋服を買わなくなりました。
そして以前の大好きだった頃の服を着ていました。
キャノティエなんかは手作りしたりしながら

まぁそんなことがありまして…全てのロリータブランドがなんとも女々しい軟派になってしまったのです。
そしてその中でもbabyの変化はとても残念な物でした。
なんだかよく分からないタイトルのついたなんだかよく分からないモチーフ
のジャンパースカートがとてもお高い値段で売り出されるようになりました。
その頃には僕はもうprettyにどっぷりつかっていました。

そんな生活がもう5年くらい続いて
その間に最後の砦ともいえるprettyですらだんだん他のブランドと同じように
つまらなくなってきました。
そしてとうとうラ・パフェにまで手を出してしまいました。
もう,僕の着られる服はないのだろうか?
そんなふうに思っていると
去年の末から今年にかけて,babyは少しずつですが以前のリバイバル商品を
出したりするようになりました。
無地にトーションレースがいくつも重なったあの個性的なお洋服達です。
嬉しい反面,同じものを僕はすでに持っていたりして
あまり今買う物はありません。
できればリバイバルをそのまま作るのではなく,同じ世界観で
新しいデザインのお洋服を出し続けてほしいと思っています。
052015.gif
スポンサーサイト




テーマ:ロリィタ - ジャンル:ファッション・ブランド


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック