FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



頼むから家に来るなよ
今日の朝は結構眠くて割とよく寝てたと思う。
そしたら玄関のチャイムが鳴ってたっ君めんどくせーなーと思いながら
「どなたですか?」
と声かけたら
「○○です」
と名字だけ言う。
訪問販売のか何かの集金なのか全く分からない。
「何の御用ですか?」
「4/3に大勢の人が集まる集会がありましてそれのごせつめいにあがりました」
集会?選挙か?宗教か?どっちにしてもたっ君には気持ちの悪いものだ。
「今手が離せないんで」
と俺はドアを開けなかったんだ。
でもよくよく考えると気持ち悪いよな。
宗教の描選挙なのか訪問販売のか目的を言わないなんて。
まさかこれは空き巣の下見か?
まずいなと思ったたっ君しばらくベッドの中でゴロゴロしながらどうするべかーと
思ってた。警察に相談するにもおかしいしこういうときは…
そしたら閃いた。
もし本当に何かの訪問だったら近所の家も回ってるんじゃないかと。
幸いたっ君の隣の家は専業主婦で常にだれか家にいるはず。
隣近所のことがほぼ分からない独身独り者男子のたっ君,勇気を出して隣のチャイムを押す。
そしたら隣の人はいた。よかった。
で,僕がびくびくしながら今日の10時ごろ変なおっさんがこなかったかと
質問したら隣の人はしばらく考えていたが
「あ!ものみの塔の人なら来たよ。集会がどうのとかパンフレットを置いて行ったは」
と答えてくれた。
なんだやっぱり宗教かよ。
だったらそうと訪問時に行ってくれよ。だからといって俺が玄関開けるわけないけど。
あー,怖かった。これでやっと肩の力が抜けてへなへなしたよ。
がちで頭のおかしい奴か空き巣の下見だと思ったから。

そういえばこないだAちゃんがまたうちに来た。
Aちゃんは子供の頃の同級生で選挙の時期になるとうちに来る。
今年は兵庫県の県会選挙だっけ。
Aちゃんはものすごく朝早くに来てうちのチャイムを鳴らしてくれた。
もちろんたっ君はまだ就寝中
「誰?」
と声をかけるとAちゃんが名字を名乗った。
「あー,選挙のことなら分かってっから」
俺は早く会話を切り上げたくてそう言った。
「それもあるけどちょっと会いたい」
なんだそりゃ。
こんなとき「うるせーバカ」ときっぱり言えたらいいけどそれもできずに
ドアを開ける羽目になった。
大体こっちはまだ寝ててねまきなんだぞ。
というわけで髪型貞子で瞼が2倍に腫れあがって水沢アリーみたいな目になってて
寝巻にトランクスの尻をボリボリかきながら
出てきた俺に一方的にしゃべりたいことをしゃべって
Aちゃんは帰った。
えーと候補者の名前なんだっけか。
それすらも俺の頭には入ってこなかった。
それくらい俺にはどうでもいいこと。
俺が気になったのはAちゃんの子供が増えていたことと,いつも暑い日も寒い日も子供連れ回してる
けど大丈夫なのか?ってこと。
俺は小さい子供が大嫌いだけどいじめたり体調不良にさせるのも
嫌いだからな。

とにかく宗教にしても選挙にしてもある日突然俺の家を訪問するな。
仕事場ならかまわない。お客さんが来てないときなら。
ただ俺の家は駄目だ。
もしかしたら寝てるかもしれない。手が離せない作業をしてるかもしれない。
そういうこと考えたことないの?
とにかく誰も来てほしくないから玄関の手前はわざと通りにくいように
たっ君のクソデカ貧乏セダンをどーんと停めて無言の威圧感を出しているのに
やつらその横をすり抜けてきやがる!
どうすりゃいいんだー。
032415.gif
スポンサーサイト




テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック