FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



そういうことだ
以前からここのブログで俺が『どうしてもやらなきゃいけないことがある,
でもこれをやれば俺は会社を守れるし,事業もうまくいく』と言ってた
と思う
あ,倒産とか民事再生とか俺が経営者の座を引きずり降ろされるとか
そういうのじゃない。
むしろこれがうまくいくと会社の資金力が上がるし,これまで以上にフルパワーで
働けると思う。
実際前もちょっと書いたんだけどたっ君の会社はわずかながらみみっちいながらも
確実に赤字が減って業績が上がっている。
だからこそこのチャンスに俺は大きく踏み込んだんだ。
じゃあいいことずくめじゃないかと言われるかもしれないし
実際銀行,保険会社,コンサルタントの先生から『いいことずくめだ,嬉しい悩みじゃないか』
と言われた。
でも実際当事者の俺にしてみれば今回の行動についてはやはり責任が伴うし
実際にこれを行動に移してから会社はおかしくならないか守るものは守れるのか
という不安や疑問があるわけで。

そのためには俺はいろんな決断をしなければいけなかったし
いろんな手続きに走り回った。
一昨日は初対面の業者のオッサンと大ゲンカした。当たり前だ。
俺は『出すものは舌でも出したくない』と言われたどケチで有名なんだ。
ちなみに俺は昔から『パタリロ』と呼ばれていたが
最近は周りの人間から陰で『きり丸』というあだ名がついていることを2年前に知った。
支払うものは少なく,取り込むものは大きく。

明日はその1番大きな手続きの日。
ついにやってきた。
これをきちっと乗り越えると後はお疲れさまでした,俺の会社の負担もほぼなくなる。
次の日からまたいつもの店を通常営業するだけだ。

いつも言っているが自営業者はゴミみたいなやつが多い,と言ってくる人がいる。
ああ,確かに俺はゴミでクズだよ。
しかも救いようのないどケチ。ケチ。卑怯だしずるいし。
多分最近スタースクリームに妙な親近感を感じているのもそのあたりがあると思う。
でもゴミでクズでも自分のリスクはしっかり背負って働いているんだ。
僕がデイヴにあこがれるのもそこ。
めちゃくちゃしてもかまわない,ぶっとんだことしてもかまわない,
自分でそのリスクを背負えるならばそれでいいってデイヴが言ってた。
大丈夫,その気になれば俺はなんでもできる。
だって俺はマスターアサシンでデストロンのナンバー『トゥー』の航空参謀だし。
それに今までもめちゃくちゃになりながらも何度もピンチになりながらも会社を守ってこれたんだもの。
僕はこれからも守りたいものは守るしほしいものは絶対に手に入れる。
多少のリスクなんてビビらないし回りの目なんか気にしない。
そういう生き方でいい。
prof011215.gif
金もアイディアも出さないのに文句だけでいる奴はそこでドーナツでもぱくついてのんびりしていればいい。



>>みみさん
姉さんの声は本当癒し系ですね。
無事3人とも還暦を迎えられてよかったと思います。
これってすごく大切なことですよね。
今回のDVDはできればノーカットで出していただきたいもんです。
せっかくのイベントですからね…

>>ざくろさん
今まで観光地でかわいいストラップとか売ってても
ストラップは付けないから買わなかったけどこれからはラジオペンチとピアスフックがあれば
いつでもピアスに加工できます。
スポンサーサイト




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック