FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君と餌
お昼ごろにやっとあごの痛みが治まったみたいだぬ。
おかげでたっ君は今はご機嫌です。
仕事の電話の交渉もできるの。

でもまたあの痛みが来れば…。

あごといえばこの写真。
すごいでしょ。
CIMG8400.jpg
こいつはメガロドンのあごの骨の模型。
ホホジロザメの祖先だよ。
絶滅したのはおよそ200万年前。
理由は体が大きくなりすぎてしまって動きがのろかったからえさに逃げられちゃうんだよね。

実際からだが大きければ大きいほど強いかというとそういうわけではないわけで。
恐竜が絶滅したのもでかくなりすぎたからなんだよ。
でかくなりすぎると動き自体のろくなるしえさもたくさん食べないといけないし
ものには適正サイズがあるのだ。

同時にこのメガロドンはたっ君のご先祖様たちの食害による絶滅という説もあるんだ。
これはたっ君のご先祖様の骨格標本だよ。
CIMG8352.jpg
メガロドンの絶滅とシャチの登場が大体同時期だからね。
自分よりも大きな動物だって集団で狩りをすれば捕食できないこともないんだよ。
人間だって自分より大きな牛や豚を食べている。
何も不思議はない。
最近僕が思うのは地球の長い歴史の中で,人間だけじゃなくて
いろんな動物が他の生き物を絶滅させたりさせられたりで
繰り返してきたんじゃないかと思う。

何が言いたいかと言うと。
いつも言っていますが僕は肉食性人間です。
一度の食事でカルビやハラミを2kg以上食べます。
ケンタッキー,大好きです。パーティバーレルのバケツを1人で食べます。
でもクジラは食べません。
味が嫌いだから。
だけど捕鯨には反対しません。
世の中にはクジラを食べる人がいたらそれはそれで構わないと思います。

これはこのブログでしつこく言っていることですが


僕たち肉食性人間は基本的に他人が食べているものに


けちをつけません。



僕たちのような人間の中でも極端な肉食性の人間が他の雑食性や草食性
の人に対して何かけちをつけたなんてあまり聞きません。
自分の食性に合わせて捕食活動をしているだけです。
自分の狩り・捕食行動に精一杯で他人の食べているものにとやかく言う
ひまなんてないんです。
これが一部のイデオロギーを持ったベジタリアンの方達と僕たちの一番の違いです。
一部のイデオロギーを持ったベジタリアンの人達は動物がかわいそうだから
動物が絶滅しそうだから食べないでといいますが,別に人間だけが悪者ではなくて
これまでも長い歴史の中で特定の動物の食害によって滅んだ種族も
たくさんいるはずです。
地球の45億年の歴史はそういうことを繰り返して今日まで続いてきたのです。

仮に僕たち一部の肉食性の人間がよってたかって捕食したせいで
地球上から黒毛和牛や鶏が絶滅してもそれは地球の歴史の中で
恐竜やメガロドンが絶滅したのと同じこと。
何もおかしいことや悪いことではないのです。もしかしたら別の枝派から
新種の動物が生まれているかもしれません

クジラだって必要のない乱獲はいけませんが,食用として捕鯨する程度なら
構わないと思っています。
僕は自分ではクジラを食べませんがクジラを食べたい人の気持ちは
分かります。
僕だってある日突然好物の黒毛和牛や鶏,あるいは豚が絶滅保護されて食べたくても食べられない
なんてことがきまったらどんなに腹が立つでしょう。
野菜や魚のみを食べて生きるくらいなら,きっと養鶏場を襲ってでも鶏を捕食すると思います。
それくらいたっ君は肉食性として生まれ,今日まで生きています
生まれつき犬歯が鋭いのも爪がカッターナイフのような形をしているのも
食べだめができるから何日も食べなくても平気なのも
怪我をしたらすぐに血が止まるのも
生野菜を食べるとのどに詰まったり噛み切れなかったとか野菜のえぐみでくちや舌が荒れるのも
臼歯が退化しているのも
魚を食べ過ぎると吐き気がするのも
そうなるように体が進化して,必要のないところは退化しているんだと思います。

そういえばこの間宗教のセールスマンみたいなおばさんたちがおかしな雑誌を置いていきました。
終末が来て神様の楽園になればライオンも草食になるそうです。
はぁ?寝言は僕の口の中を見てから言ってください。
この犬歯だらけのとがった歯で臼歯が半分以上
削れてなくなってしまった歯でどうやって葉っぱを食えと?
またうまく噛めずにのどにつめるのがオチでしょう。



そうやっていきてきた僕が昨日メガロドンのあごの骨を見て思ったのは
このメガロドンがシャチの食害で滅ぼされたような事例はこの長い地球の時間で
珍しくもなんともないこと。僕たち後世のものが知ることができないだけで。
だから他人が食べているものにけちをつけて絶滅しそうだから食べないでと強引に
妨害したりするのは地球の歴史にとって非常に重箱のすみのような世界の話だと思うのです。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック