FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



戦う俺とダメダメな俺と
今日,俺は自分の仕事や経営に関する大きな岐路の決断をするための
会議を開いた。
もう,選択を迷っている時間がないんだ。
今日は今後新しくパートナーとなるコンサルタントの先生(よろしくお願いします)
をお招きしていろいろと非常に難しい今後の経営指針についての
話し合いを行った。
結果僕の中ではある程度の決断はついたけれど,今後それに向かってどう動くかが
問題となった。
それでも今後僕の下す決断は間違いでないと信じたい。


以下痛い話なのでそういうのが苦手な人は避けてください。↓






プーマ大阪店でまーたんと顔を合わせたときに僕がまーたんに言ったのはこのことだった。
僕は仕事で最大の大きな決断を下すためにこの『女神の加護』を得たかった。
『近々俺は自分の会社に関しての大きな決断をしなくてはいけない。それは俺が
会社を守るためには避けられないんだ。それはまーたんがmegadethを出て行ったのと
同じくらい大きな決断だよ』
と説明した。短時間で説明するには他に言葉が見当たらなかった。
するとまーたんは,
『じゃあ,かなりbigな問題なんよね?』
と言った。
俺は,
『うん。だけどこれを片付ければ会社も好転するのは間違いない。成功させたい』
と言った。
『だからその前にまーたんにどうしても会っておきたかった』
俺の表情は精一杯笑顔だけど言葉は真剣に選んだつもりだ。
顔は笑ってても言葉を必死に選んでしゃべる僕をまーたんは笑うどころか
なぜか口は半開きであの丸くて大きな金色の目で
僕の赤と緑のオッドアイ(位置は蒼星石と同じ)
をじぃーっと見てて,僕はあんまりにもまーたんが僕の目をじーっと見るから
言葉がでてこなくてあわあわしていたら
『うん,大丈夫だよ。きっとうまくいくよ』
とはっきりと声をかけてくれた。
何度も大丈夫と言ってくれて。

↑の会話だけ見たらどう見ても握手会でファンとアーティストがする会話ではない。
多分まーたんの隣にいたスタッフさんも何の話してるんだろうと
思ってると思う。
でも僕はスタッフさんや他の人と会話をしてるんじゃない。僕はまーたんと話をしているんだ。
結果多分その時点でこの瞬間に僕はこの仕事の決断と向き合う覚悟はできていたんだと思う。
それが女神の加護。
僕にとってまーたんが女神である所以。

僕にはそれが必要なんだ。

今日,会議の後,コンサルタントの先生を新幹線の駅まで僕の車で送って行く途中で
ついに,猛烈に僕のほしいあの車の同一車種の同一型式の車と初めてすれ違った。
こないだも言ったけど僕がほしい車は同シリーズの車はある程度は
どこでも走っているけれど僕がほしい型式は不人気らしくて見かけたことがない。
でもやっぱり,いた。
僕がほしいのはブルーでその車は真っ赤だったけどでもすぐに気がついた。
思ったより車体は小さかったけど,ボディの形はめちゃくちゃかっこよくて
何よりキラキラしていた。バンパーについた大きなエンブレムがまぶしかった。
きっと未来の困難を乗り越えた僕に何よりふさわしい車。
だから今の僕にはまだそぐわないんだ。
だからこそ僕は今この仕事の大きな決断を乗り切って見せる。

deviltaketomorrow.gif

画像は昨日そろそろface bookのカバーを変えたいなと思って
何となくdevil take tomorrowを聞きながら描いたまーたん。
liveでも頻繁にやってるしまーたんファンの人もこの曲好きな人多いんじゃないかな。



こあくまーたん?
でもまーたんは小悪魔というより天使と言うか女神でいてほしいな!
スポンサーサイト




テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック