FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君大冒険の旅に出る(たっ君成長物語再び)
たっ君は宇宙一車の運転がへたくそです。
宇宙一車庫入れがへたくそです。
でも大型セダンが大好きな困ったさん,というか困った君です。
そりゃお金があればフェラーリやアルファロメオがほしいですが
カムリこそトヨタのマスターピースと思っているよく分からない性格です。
不人気?大きなお世話です。

そんなたっ君ですが,今日の朝,出勤してきたら
なんだか様子が変です。
何か変だなと思ったら通用口にいつも止めてる僕の自転車がなくなっているのです!
こんなもの盗む人がいるんですね!大昔のぼこぼこの汚いママチャリですよ!
防犯登録ももう期限切れてるしあきらめたほうがいいな
お金余裕ができたらamazonで折りたたみ自転車でも買うかなんて
思ってたら昼前に近所のおまわりさんが入ってきました。
ナニゴトかと思うと
『杉浦さんの名前のある自転車が見つかったんですが心当たりあります?』
え?見つかったんだ。
これで余計な出費をせずにすみます。
そしたらなんとここから車で30分くらい離れた隣の隣の市で見つかったそうです。
んで,できれば今日じゅうにとりにきてほしいと。
ちょっと待て!宇宙一運転がへたくそなたっ君に隣の隣の市まで
行けと?それもたっ君は道を知らない。
ところがその近所のおまわりさんは『大丈夫だよー』と無責任な発言を繰り返す。
『とにかくきょうじゅうに行ってあげて』といって帰ってしまいました。
もし僕が事故起こしたりこすったらあんたのせいだからな!

ナビは最短ルートばかり推奨するのでそのルートだと柄のよろしくない
走り屋さん達がうろうろする道を通るので自分でゼンリンの地図を持ち出して
たっ君でもいけそうな道を模索しました。
よし,この道なら何とか僕でも運転できそうです。
ちなみに僕の考えた道はナビで別ルート指定すると出てきたので
それほどマイナーなルートでもないみたいです。

というわけでたっ君ビビリながら涙目で行って来ました。
結論から言うと事故もなくあわてて車をこすることもなく
ちゃんと帰ってきました。

知らない町の知らない交番に宇宙一車庫入れのできない僕が
止められるわけありません。
ゼンリンの地図によると近くに大型モールがありますのでここの駐車場
にとめて交番に歩いて行き,帰りは自転車でモールの駐車場に戻ればいいのです。
そして自転車を預かっている交番にあらかじめ電話をかけて
僕が運転が下手なので最短ルートでこれないので時間がかかることを
伝えたらたまたま電話に出たおまわりさんが『大丈夫だから』と
なぐさめてくれました。
交番に着いたときも『大丈夫でしたか?』と親切にきいてくれました。
しかしくるまで30分のところに自転車を乗り捨てたのはいいとして
犯人は一晩中自転車をこいでいたのでしょうか。
何を考えているのでしょう。
この手の傘とか自転車を簡単に持ち去る人の心理がなぞです。
交番から大型モールの駐車場に戻るとき,知らない町を自分のいつもの自転車で走る気分は
すこしふしぎなきもちでした。
あ,自転車は僕のぼろ車に何とか乗れました。
これがコンパクトカーや小さめセダンだと乗せられません。
やはりある程度大きい車でよかったです。

せっかくきたのでその巨大モールの中に入りました。
フードコートで晩飯しようと思ったら僕の好きそうな店がなかったので
残念。
帰り道は駐車場から出た後道を一本間違えて南側に行ってしまい,
人気のない知らない道で怖かったです。
このときは本当に涙目になりました。
しかも後ろからすいている道でぴったりついてくる車がいて。
二車線なんだからさっさとおめぇは追い越し車線に移って抜かしゃいいのに
ぴったりとくっついてこのときが1番の涙目でした。
それでもナビにしたがって何とか帰ってきました。

いやー,人間やればできるもんですね。
僕も少しは成長できたかな?
100314.gif
スポンサーサイト




テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/10/04 12:10】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック