FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



俺の車返せこの野郎
うはww自分ちの駐車場に止めてある俺の貧乏セダンがゴリゴリこすられたったww
wwって笑ってる場合かよと言われるけど笑うしかないは。
やられたのはトランクの横のバンパーがへこんでる感じ。
傷とかはない。


警察よんで事故証明とってもらって相手側の連絡先と保険会社も
きっちり確認はしたけれど疲れた。
ぶっちゃけ貧乏セダンなのでどうでもいいが,それでも車がないと不便で生活できないんだ!
先述のとおりバンパーが少しやられてるだけだから走行は可能。
たいしたことじゃないと思ってた。
でも警察の人にいわれたのは
『この車はとても丈夫だからこの程度で済んだんだよ』
と。
さすが世界のトヨタ。
たっ君は宇宙一車の運転が嫌いだから先週も出入りの銀行員に言われた。
「達哉君さー,独りもんだしもうちょっと小さい車でもいいんじゃね?軽自動車とか」
…お断りします。
だって小さいとその分鉄板が薄いし軽いし弱いんだよな,だから
小さいのは乗らない,と僕が言い返したばかり。
貧乏臭い車種でもいい。最新のでなくてもいいの。
丈夫で壊れにくい車がいいの。
後,追突が怖いからハッチバックではなくてお尻の飛び出たセダンでないとダメなんだ。
大体普段荷物なんかないたっ君がセダンにこだわる理由は追突されても
トランクでガードできるから。だから安くて丈夫で強いセダンを選ぶ。
さすが僕の車種は強いというかこの程度で済んでるんだよな。
『さすがこの車種は強いなー』
と警察も感心していた。
もっと小さな車や軽自動車だったらこの程度では済まされない。


でも一応報告しとこうとディーラーの八嶋君に電話をかけたら
『外観は軽くても中身がやばかったら困るので今日車持ってきて!』
と言われたのでディーラーに行った。
そしたら八嶋君は
『いやいや杉浦さん,トランクも少しへこんでるし傷もありますよ』
と微妙なところも見ていた。

で,僕が心配しているのは修理の間の代車の問題だ。
なるべくでかいのはのりたくない。
そしたら八嶋君が
『小さい車がよかったらパッソっていうのがあるけど…杉浦さんにはこれはちょっと…』
とぶつぶつ言っている。
いいから見せろと声をかけたらそれじゃあ,と表に止まっている見本を見せてくれたが
普通車だがかなり小型のピンクで丸い車。
まーたんがプライベートとかでのりそうなデザインだなーなんて。
で,八嶋君
『この車,サイドブレーキが足元にあるんですよ』
おわっ!こんな車はじめてみた!
八嶋君が懸念していたのはこのこと。
僕がクラッチと間違えてサイドブレーキを踏んだりしないかということ。
確かにそれは危険だ。
たっ君は今の車を新車で買うまで某所で貰い受けた84年式のカムリを乗っていたので
こいつはMT車だった。
だから今の車に乗り換えてからしばらく意味もなく左足を踏み込んだりしていた。
これはドラムでもそうだけど,普段バスドラを2個使っていた場合
たまに1個のドラムセットに座ると左利きの右足の動きがへんなことになる。
それと同じだ。
いつもの僕のボロセダンはAT車でサイドブレーキも普通に左手についているので
僕がうっかり踏み切り発信や信号が青になったとき左足を踏み込んでも
なにもおこらない。
でもこのパッソの場合うっかり左足を踏み込んだらサイドブレーキがかかってしまう!
なにそれ怖い。めちゃくちゃ怖い。
というかこんなデザインをしたやつ出てこい。
さらにはこの車,バックモニターがついてない!
宇宙一車庫入れが下手なたっ君にはこれは危険だ!イャオ!
そしたら八嶋君が
『やっぱりこれやめましょうよ』
と言った。

で,結局ヴィッツというのを貸してもらえることになった。
これならサイドブレーキが左手にあってバックモニターも付いている。
でもたっ君ハッチバックの車乗るの初めてなんだよね。
でも車がないと生活できないからがんばるし
修理は2週間はかかるよといっていた。
人生はチャレンジするものだ。
というわけでたっ君がんばってヴィッツに乗ります。
で,早速乗ってるんだけど椅子とかの居住空間は悪いし
ブレーキの反応がうるさいし加速するのに馬力不足だし
エンジンがすごくうるさいけどね
窓が大きくてハンドルの取り回しがすごく楽なんだよ。


八嶋君は
『ヴィッツが怖かったらカローラの代車が空き次第
交換してあげるよ。カローラなら大丈夫でしょ?』
と言っていた。
今のところ何とかなりそうだけど。

でもさぁ,どうせなら八嶋君,レクサス貸してくれてもいいんだよ。

いや,わがままいわないからぜいたくもいわないから
何でもいいから早く俺の車返して。
082614.gif
スポンサーサイト




テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック