FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



まぁこんなかんじで
『黒い太陽731』を見ました。
あらすじはとてもシンプル、太平洋戦争下の満州で、日本の関東軍石井部隊が
行った人体実験の映画である。

僕はこの映画はどちらかというとノンフィクションの社会派ドキュメンタリーというより
ただのグロテスクをテーマにしたカルト映画として見ている。
実際ドラマ内容の演出もただのグロテスクなホラーと同じような
バカバカしいZ級映画だったとしか思えない。
実際この映画は香港で製作され、出演者もみんな中国人だし、
どうも以前僕が見た『人肉饅頭シリーズ』と同じスメルだと思った。
ただただショッキングで、過激で、注目を集めるだけだ。
Z級ホラーとして娯楽映画として見る分には僕もじっくり見ることができたが、
これをドキュメンタリーとか完全なノンフィクションだ!と
宣言するのは変だと思う。

たとえば凍傷実験。
12時間つららの下がった寒い外に手だけ放置して凍傷にさせた挙句、
それを急速に温めると軽くたたいただけで皮と肉がきれーいにぺろんとめくれて
骨だけになる。
さすがの僕もあまりのお粗末さに画面の前で笑ってしまった。
どこのB級ホラーというかどこの場末の遊園地のお化け屋敷だよ。
あるいは東南アジアにありがちな地獄めぐりのセット。
いくら凍傷でもきれいに皮と肉がペローンと外れるもんか。
どう考えてもひたすらショッキングに見せたいB級ホラーの演出じゃんか。
この時点で僕はこの映画をまじめにみることをやめた。
実際の死体を使ったといわれる解剖シーンもああ中国ならではの
演出だなぁと思ったくらいで。何か感慨があったわけでもなくショッキングでもなく
(偶然にも時間帯的に)普通に昼飯食いながら見てました。

要するにモンド映画とか人喰い族シリーズと同じで
ドキュメンタリー仕立にしたただの娯楽映画だ。

僕が困るなーと思ったのはこんなフィクションのホラー映画を
社会派作品として教材などで使っている教師がいたことである。
これは危険だ。
たとえばさ、モンド映画の金字塔『食人族』。めちゃおもろかったけど、
あれを見たからと言って本当にアマゾンに人喰い族がうようよ
していると信じる?信じないでしょう?

この映画も同じだよ。
確かに731部隊は存在していた
人体実験もたくさんしていたとしよう。
だけどそのシーン自体をお粗末なホラー演出してまで
強調してしまった以上、これは社会派映画でなくてタダのZ級ホラー映画だ。
『食人大統領アミン』のほうがよっぽどまともに取材してきちんと内容を作ってある。



僕のようにゲテモノ趣味でこの映画を見る人はいいけど、
これを日本の太平洋戦争史の歴史の勉強の材料にしよう、という人はやめよう。君は勘違いをしている。
むしろこれを100%事実だと思い込んでしまうなんて
ストライクウィッチーズを本物の史実だと思い込むくらい乱暴だぞ!
あるいは日本には本物の忍者がいると思い込むのと同じ。

勉強として戦争のドキュメンタリーを見るならいっそ『行き行きて神軍』のほうが
おすすめだ。スケールは小さいがガチンコのドキュメントが見られる。


まぁ娯楽映画としてなら『黒い太陽731』はまぁまぁ楽しめたし
あえてそのチープな演出もよかったです。
割と飽きっぽい僕を途中一度も退屈させなかったという意味では評価が高いね。
5段階で星3,5個。
062314.gif
スポンサーサイト




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック