FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君が好きだったあの人
最近マリコさん(麻路さき)がやたらと夢に出てきたり
ザ・フラッシュの花と猩猩のルコさん(朝香じゅん)の歌が頭から離れなかったり
おかしなことになっています。
で,昔の懐かしい画像を探していたらこんなものを見つけました。
宝塚100周年ということで,こんなイベントがあるみたい。


センターに僕の初恋(?)のカリンチョさん(杜けあき)が!
以前このブログにも書いたんですが,たっ君のしょうがくせいせいせいかつ(ここ志村
けんの学校コントね)
はこの人がすべてでしたね。
もう好きで好きで大好きで。ずーっと大劇場通ってましたよ。
宇宙一好きだったと言ってもおかしくなかった。
退団後もしばらくは舞台見に行ってたんですけど。
活動拠点が宝塚から東京になったので子供の僕は遠征できないので
いつの間にか離れてしまったんですけど,
最近どうしていらっしゃるかなぁと思ったらこんなイベントを発見。
この動画では2曲歌ってますが,声がね,現役時代と変わらない!
感動ですよ。後半の『すみれの花咲く頃』はソロパートもあり。

この動画を見たら『え?』って思う方もいらっしゃるけど,
カリンチョさん,本当に男役?というくらい小さいんです。
小さいし全体的にかなり細いです。横のユキちゃん(高嶺ふぶき)やノルちゃん(稔幸)達
と比べてもらったらかなり小さいです。
でもね,当時現役で見ていた小学生の僕はすでにカリンチョさんより大きくなって
しまってからでも,ステージで見るカリンチョさんは他の男役に比べても
ぜんぜん小さく見えなかったです。
ダンスはね,やっばり小さいですから,リフトとかはぜんぜんできなかったし
娘役と身長が変わらなくてバランス的には『?』だったんですけど,
でも僕はそれはぜんぜん嫌じゃなかったし,(むしろ極端な身長差がある
ほうが嫌だった)
それでもやっぱりスタイルいいし,ソロで踊る分にはとても美しかったです。
カリンチョさんといえばやっぱりビロードのような声ですよ。
小学生のときはルックスで好きになったけど,今思うとカリンチョさんの武器は
この声なんだよね。
歌だけじゃなくてせりふも聴いていてとても
いい気持ちなんです。

年を取ったらやっぱり声が出にくいとか歌いにくいなっちゃう人が多い中で
カリンチョさんの声は今も変わらず美しいなぁと感動した僕です。
ちなみに年齢は俊彦ちゃんより6歳下で,まーたんより2歳上(wikiは
間違ってるよん),といったら
お察しくださいな。
というわけで小学校ぶりにカリンチョさん描いてみました。
ファンの人ならこの衣装,すぐ分かりますよね?というかカリンチョさん=この衣装
だと言ってもおかしくないぞ。ザッツ・ライフのときなの。
042814.gif
だけど僕はむしろトロピカルなのが好きだったりする。
こういうやつ。

このルックスと声で僕はゾクゾクしてたわけです。
小学生のくせに。


…実は,カリンチョさんと俊彦ちゃんはまったく無縁じゃないの。
実はカリンチョさんが退団後ハジメテのシングルを作詞作曲したのは俊彦ちゃんなの。
でもそのときは僕はまったく俊彦ちゃん知らないし興味なくて。
ふーん,高見沢さんって人が作ってるんだぬーって位に思ってた。
で,俊彦ちゃんを好きになってから
『高見沢?待てよ?もしかしてカリンチョさんの曲作った人?』
と気が付いて,過去の僕のカリンチョさんFCの会報をバインダーに止めてるのが
あって調べてみたらレコーディングの様子が移ってて,
カリンチョさんの後ろでサングラスをかけた俊彦ちゃんの姿が!

イヤー,思わぬところでご縁があるのですね
ちなみに僕はタイトル曲の『愛の行方』より『愛しているのはあなただけ』の方が
好きだった。
でも僕はカラオケで歌ったことはないんです。
恐れ多くて。
歌えるわけがないでしょう



スポンサーサイト




テーマ:宝塚歌劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック