FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



せっかくなので
ロリィタ模造品不買・撲滅同盟へのリンクをtopページに付けて,検証サイトの方はリンクページに移しました。

このお靴のバナー,結構可愛いのでちょっとはりつけたかったんだな,これが。

それに今まである意味聖域だった我々のロリータと言う社会が,映画やアニメによって一般にも門扉が開かれてきているということもあり,ロリータと言うものが安物に貶められるというのも理由の一つだ。

もちろん,ロリータが一般社会で認知されてくると言うのはとても嬉しい事だと思う。しかしその反面,一時の流行ばかりでロリータ服に手を出す困った御仁が出てくるのもなんとも複雑な気分だ。
そう言った人達は別に一時的にロリータ服の外観のみに気をとられて,粗悪品でも見た目が可愛くて安ければそれでいい,と思う。
そういった人々のよこしまなココロが粗悪品のパクリロリータ服を生み出す。いわば一つの人の心に潜む必要悪なのだろうか,とも思う。

もちろん,自分でパクリロリータ服と認知してパクリロリータ服を買って着るのは構わない。しかし正規品を着ている我々が安物のパクリロリータと同一線上で見られるのはごめんこうむりたい。
なんだ結局金か,と言われそうだが,そう,結局金なのだ。僕自身も決して安くはない被服費を捻出するのは大変だ。そうやって苦労して正規品を手に入れて着たのと,隣に同じデザインの粗悪品のロリータ服を着たヤツがいて,そいつと僕を同じ服を着ていると思われるのは耐えられない。

じゃあ我々も安いパクリロリータを買えばいい,ということになるのだろうか?残念ながらそういうことにはならないと思う。
なぜなら我々は,大概のロリータは自分のお得意ブランドを持っているのだ。ロリータはそれぞれ自分のお得意ブランドの商品を先取りしたり,トータルコーディネイトを楽しんだり,あたかもそのブランドを自らのホームグラウンドとする。
従って,いくらデザインがそっくりでも安価であっても,そのホームグラウンドでないその店から買うわけがない。むしろ自らがホームグラウンドとして愛着を持っているブランドに対する冒涜行為である,と嫌悪すら覚える。

ロリータがなぜここまで検証サイトや同盟まで作って声高に批判するのか,それはロリータという種族はこだわりが強くまた,自己の存在を維持する事に非常に重点を置くという特性を持っているからである。これは悪く言えば自己顕示欲が強いとか,わがままという言葉に置きかえられてしまうが,しかしこれは必ずしもそうではない。遠慮ばかりしていて小さくなっている人間やなんのこだわりもない人間と言うのもつまらないではないか。たまたまロリータになりやすい人間は少なからず自己を維持する事をとても重要視する事が多い,という事だ。『わたしはここにいます』そう伝える事のどこが罪悪であろうか。そして自己を維持するためにロリータは苦労して正規品のロリータ服を身にまとうのであるが,その横に生半可なパクリロリータがいれば,『お前はお呼びじゃねぇーよ,バカ』と思うのはごく自然の事だ。

だからこそ,我々はそういう生半可なパクリロリータに『正規品を着るか,それとも個人サイトでオリジナルを買うか,お金が出来るまでロリータを見合わせるか』と要求を突きつける事になってしまう。

ロリータはまだまだ女性社会なので,揉め事があっても殴り合いになったというようなことは起こらないが,こうしたネット上での急速な意識の高まりは生半可ロリータも,またパクリロリータ服企業も,無視する事は難しくなってきているだろうと思う。
また,ロリータを始めてすでに8年を迎えようとしている僕がこれらの意識に賛同し,協力する事もまた義務だと考えた次第である。
スポンサーサイト




テーマ:ロリィタ - ジャンル:ファッション・ブランド


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック