FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



俺は光源氏よりサヤト・ノヴァになりたい
昨日の夜中に無性に王将のやきめしが食いたくなって王将に行って来た。
やはりたっ君は王将の料理が好きだ。
あいにく酢豚は売り切れだったけどな。
でもやきめしはげきうまだったよ。

で,この時間帯の王将は時間も遅いからだいぶお客さんも少なくて
結構店内が静かだった。
そしたら最近のはやりのj-popとやらが垂れ流しだったんだけど,
まー見事に腑抜けた恋愛ソングばかりで耳触りでたまらんかったね。
僕が出かける時にいつもi-podを持ち歩いているのはそのため。
こういう音楽を聴きたくないから。

まーたんはいつも僕ら日本人の事を
「日本人なのにどうしてj-popを
聴かへんの?おかしんよ!もったいないんよ!」と言っているので,一度メールで
その理由を正直に僕は伝えた。日本語のウジウジした安物の
恋愛至上主義的な歌詞がどうにも僕には耐えられないと。

今日,ニュースで源氏物語の事が出てきた。
ちなみに僕はここで宣言すると叩かれるかもしれないが源氏物語が
大嫌いだ。
大嫌いだけど一応高校の授業で出てくるので嫌でも読んでいた。
どの人の解釈も,パタリロ源氏物語ですら僕には耐えられなかった。
読んでいて少しも頭に入ってこないし登場人物にもイライラ
ばかり。

朝,その理由が気が付いた。

要するに今の日本の恋愛至上主義的なj-popの起源はこの源氏物語に
あったのだよ。
いまいち僕にはついていけない,むしゃくしゃするあれだ。
ノンポリで,恋愛に関しても主義が定まらず,あっちふらふらこっちふらふらと
全くタイプの違う女性を渡り歩き,相手の女性が死んでもけろりとしてたり
幼女を監禁して自分好みに育てようとしたり全く同意できない。
そのくせとくに自分で何か政治的に経済的にすごい活動をしたわけではない。
へなちょこの天皇の息子というだけの甘ちゃんが苦悩していたり
まぁその苦悩も結局自分の身から出たさびなんだけども,
そんなのを見ても全く僕は同意できない。
こんなのを素敵だとは思わないしこんな男にはなりたくない。

同じ歴史的イケメンで情熱的な恋愛の詩人
なら俺はサヤト・ノヴァの方が憧れる。

こないだもちょこっとブログにも書いたけど(ここね↓

http://perfectgarden.blog19.fc2.com/blog-entry-2077.html)

アルメニアを代表する詩人で,
バイオリンみたいなギターみたいな三味線みたいな楽器を弾いて
綺麗な恋愛の詩をたくさん弾き語りしていたらしい。
イケメン+詩のセンス+楽器の才能というハイスペックの男で,
グルジア王家の宮廷詩人にもなった。
ところがそこで王妃様と恋に落ちてしまい当然バレて殺されそうになり
修道院へトンズラこいたというすごい人生だったのである。

同じハイスペックで恋愛に苦悩する男でも光源氏と違うのは,ある意味ものすごく
ストイックというか,本当に一人の女性に集中しちゃってるんだよね。
すごく情熱的な詩が多いらしいんだけど本当に思慕する王妃様だけの為に
詩を作ってるんだよ。死ぬまで思い続けて。

なんかかっこよくない?

どうせなら俺はこういう一本筋の通った男にあこがれるな。

でも残念ながらサヤト・ノヴァの詩はアルメニア語で難解らしくて日本語で
詩集が出てないんだよね。ざくろの色の中で一部紹介されるのみだ。
俺としてはぜひ読みたいんだ。

ただサヤト・ノヴァの作った詩や曲がすごいのは,今現在でもアルメニアや
グルジアやトルコではサヤト・ノヴァの作詞作曲した曲が
その国の古典としてではなくあくまでpopsとして歌われてる事なんだよね。
いくつかここに動画を貼っておきますが,歌詞は分からなくても
美しい旋律なのが分かります。









サヤト・ノヴァは亡くなる時に
『私が死んでも詩才は残る。旋律が人々を揺り動かすだろう』と
という言葉を残しています。
本当にその通りになったわけです。
スポンサーサイト




テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック