fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



そういうやり方もあると思います
ラッパーのkrevaがtwitterでチケットが売れないと困っていることで
ニュースになっている。
同時に他のアーティストでもチケットやCDが売れなくなってきている。

でも僕はそれはいまさらびっくりするようなことじゃないと思う。
昔はネットがなかったから好きな音楽を探すのも限られた番組の
中から探すしかなかったし輸入CDも限られていた。でも今は
you tubeもあるのでいくらでも
世界中から自分の好きなものを探すことができる。それも瞬時にだから
待つ必要もない。
リリースそのひのうちにitalo brothersの新曲を聴くことだってできる。
robたんにいたっては発売前のプロトタイプまで聴かせてくれる。

昔は国内のあらかじめ用意されたjpopと
一部の無難なメジャーな洋楽しかきけなかった。
それはテレビと同じで夏にはみんなが高校野球ばかり見ていたのと
同じで,テレビ番組や音楽や映画などの娯楽が画一化されていた。
それが今多様化した今,我々には選択の幅が広がっただけなのだ。

音楽の公開のシステムが大きく変わろうとしている今,これまで通りの
価格でCDを売ったり大きな会場ででかいliveを興行することが
難しくなるのは当然だと思う。それはアーティスト本人に問題があるのではなくて
こればかりは世の流れでどうしようもないなと僕は思う。



何カ月か前に僕はチャットである外人と言い合いになったと話したよね。
言い合い,というか相手が一方的に僕の考え方を否定してきて僕が
反論するのがしんどかっただけだけどさ。
その僕の考え方,というのは『アーティストを好きか嫌いか判断するときに一番
最初に考えるのは可愛いと思う可愛いと思えないか』だと。
ここでいう可愛いは持って生まれたルックスだけを言ってるんじゃない。
服装やヘアメイクのセンス,しゃべり方,座り方,表情,全部。
その結果僕は俊彦ちゃんとまーたんを選んだ。
僕はこの2人が可愛くて仕方がない。
041812.gif
(KamijoやEMRUちゃんやMana様やHora&Kayaを除いて)僕がその人を好きになるというのは
ただ音楽性とかスキルだけじゃなくてその人そのものに恋するのと同じこと。


その子達が可愛くて仕方がないからCDを買ったりチケットを買って会いに行く。
決してyou tubeでタダ聴きして逃げない。
かわいいから。好きだから。悲しませたくないから。ちゃんと正規料金でチケットも
CDも買うよ。
AKBの握手会に行きたくてCDを何枚も買う人を僕はからかったりけなしたりしない。
メンバーや他のファンに迷惑をかけるのは絶対にだめだけど自分ひとりで好きにやって
るのならその人の自由だよね。別にその人のファンでもないCDもチケットも買ってない
人は外野なんだからとやかく言う方がどうかしてる。


だから僕はそのアーティストがかわいいから好きという感情はおかしくないし
ばかにされたくない。
可愛いと思うからこそ迷惑をかけないようにしようとか考えたりもするし。

それが何か『もち』がってますか?



>>みみさん
僕も俊彦ちゃんは前髪パッツンが好きです。
今の前髪は…ちょっとなぁ。ロリ度が足りない。
みみさんはアイス好きですよね。
俺は一応小さいけどバースディケーキ買いました。
スポンサーサイト




テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック