FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



本邦初公開キッチン
kth1.jpg
SD王子「達哉くん,今日ね,まーちゃんがドーナツ作ってくれたんだよ」
達哉「へぇよかったな」

kth2.jpg
SDまーたん「たっ君,たっ君」
達哉「何?」
SDまーたん「毎日たっ君がごはん作るの大変そうだから次からうちが代わって
あげるんよ」
達哉「えぇっ,それだと僕も助かるけど任せても大丈夫なのかい?」

kth3.jpg

SDまーたん「というわけでこのキッチンは

Marty様が乗っ取ったんよ!!

(*`▽´*)
(ドヤっ)」


達哉「まぁ乗っ取ったというか好きに使ってくれて構わないけど」

このキッチンはこの12月の僕へのクリスマスプレゼントとして新調したものですが
サイズは人間が正座して使う大きさで,SDだとぴったりですね。
さてこのキッチンはいろんなギミックがあります。

まず流し台ですが僕らが子供の頃から使っていたままごとの流し台と言えば後ろに
排水用のゴムホースがついていて実際に水を入れてボタンを押せば
水が出る仕掛けになっていました。
しかし今回のキッチンは水は流せませんが蛇口横のボタンを押すと
『ジャー』と音がします。実際の水を使わないで済むので
流し台がかびたり汚れたりする心配がありませんね。
kth4.jpg
次にキッチン下は左側は全自動の食器洗い機で,ふたを閉めると
自動でジャバジャバと洗ってくれる音がします。
SDまーたん「お皿洗いも心・配・御・無・用(by 竹中直人)なんよ!」
左側は冷蔵庫になっています。小さくてあまりモノが入りません。
SDまーたん「頂き物の缶詰や野菜がたくさん残ってるんよ!使わないと
古くなっちゃうんよ!たっ君いらないときはいらないと男らしく
断るべきなんよ!」
真ん中の引き出しは右側は普通の引き出しで中にカトラリーなんかしまえますが
左側はディスポーザー(生ごみ処理機)のスイッチになっていてここ押すと
ブーンジャリジャリと生ごみを粉砕する音がします。
kth5.jpg
こちらはコンロ台です。
オーブンは2機ついていてそれぞれスイッチを入れるとライトがついて
音が出ます。上のオーブンは魚を焼くような音がしますので焼き魚用の
グリルとして使えます。なおコンロ購入の際に魚を焼くのにちょうどいい網が
付属していました。
下の大型のオーブンはゴォーッと火炎放射器のような音がするので
めちゃくちゃ火力が強いです。使い方は…今のところ分かりません。
多分海外ならではのローストチキンとかかな?
日本だとあまり使い道がない!
kth7.jpg
こちらはコンロ。
英語でハロゲンと書いてあります。最新鋭のハロゲンヒーターですね。
こちらもスイッチを入れるとライトがついて音が出ます。
右半分のコンロは焼き物用のジュージューという音が出て,
左半分のコンロは煮物用のグツグツという音が出ます。
ちなみにこのオーブンとコンロは親切設計でスイッチを入れて30秒
くらいしたらアラームが鳴って自動的にきれる仕掛けになっております。
これならぼーっとして料理を焦がす心配もありません。
SDまーたん「そういうまぬけなことをするのはたっ君だけなんよ!」




このキッチンはもともと僕がSDたちの食事を作る用だったのですが
こうして見たらSDサイズにぴったりですよね。
電池は流し台の方が単3を2本,コンロの方は単2を3本(!)で動けます。
SDオーナーの方でこういうギミックが好きな人にはお勧めです。
スポンサーサイト




テーマ:スーパードルフィー - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック